お酒 | アイドラキッチン レシピ

1,200円以上送料無料
TEL 0570-05-1193
平日9:30~18:30
個人輸入医薬品
アイドラキッチン

お酒と育毛

お酒(アルコール)というと、身体にあまり良くないというイメージが強い方がほとんどだと思います。当然、育毛に対しても、ほとんど良いイメージはないと思います。

しかしながら、アルコールは「百薬の長」と言われることもあります。
何とかしてお酒を飲みたい我々アイドラスタッフは、お酒が育毛に与える数少ない良い影響を探してまいりました!

・ストレス解消
ストレスは育毛の大敵!アルコールを摂取することにより、心身ともにリラックスすることができます。

・血行促進効果
アルコールを飲むと身体がポカポカしてきます。これは、アルコールに血行を促進する働きがあるからです。
ただし、アルコールによる血行促進効果は一時的です。飲めば飲むほど育毛効果があるというものではないので、お気をつけください!

やはり、飲みすぎるのは育毛にも健康にもよくありません。
ビールであれば中瓶or大瓶1本、日本酒ならば1合、ワインならばグラス2杯、ウイスキーならシングル2杯程度が適量と言われています。これを基準に、飲みすぎには注意しましょう。
料理時間
1

髪メモ

身体にも育毛にもあまり良くないというイメージが強いお酒(アルコール)。でも、おいしいし楽しいしできれば飲みたいですよね! そんなわけで、これならギリギリ飲んでもOK?と
いうアルコールメニューをご紹介いたします。

お酒を飲みすぎると育毛に悪い影響が・・・

・ビタミン不足
育毛に欠かせない成分として、ビタミンB群があります。B群をバランス良く摂取することが髪の育成にとって大切ですが、とくにビタミンB2とビタミンB6は髪の生成を促す成分として有名です。
しかし、お酒を飲むとアルコールを分解するため、ビタミンB群が肝臓で大量に消費されてしまいます。結果、大切なビタミンB2とB6が頭皮に行かず、髪の育成を妨げることになってしまいます。

・アミノ酸不足
アミノ酸もまた、髪の生成には欠かせない成分です。また、アミノ酸は肝臓でアルコールをスムーズに分解するために必要な成分でもあります。
お酒を飲みすぎると、アミノ酸がアルコール代謝にしか利用されず、髪の栄養に使うことができなくなってしまうのです。

・頭皮環境の悪化
ビタミンB群は、頭皮細胞を活性化し、新陳代謝を行うのにも必要な栄養素です。そのため、アルコールの分解によってビタミンB群が大量に失われると、頭皮の新陳代謝もされにくくなってしまいます。その結果、髪の育成が遅れるだけでなく、皮脂の分泌量が増え、頭皮環境が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

また、アルコールに含まれる発汗作用により、多量の汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮環境が悪化します。頭皮の汗は毛穴に皮脂を詰まらせる原因にもなってしまい、育毛の妨げになりかねません。

繰り返しになりますが、育毛のためには、お酒の飲みすぎに注意し、適量を楽しむようにしましょう!