鶏肉 | アイドラキッチン レシピ

1,200円以上送料無料
TEL 0570-05-1193
平日9:30~18:30
個人輸入医薬品
アイドラキッチン

鶏肉含まれる主な栄養はタンパク質、ナイアシン、ビタミンK、パントテン酸など。
鳥類は体重を軽くしておく必要があるため、牛や豚のお肉と比べて脂質が少ないのが特徴です。
鶏肉の脂質は皮に多く含まれており、皮を剥がすだけで高タンパク質で低脂肪となるので、
ダイエット中のタンパク質の補給などによく好まれて食べられています。
アミノ酸バランスに優れ、消化吸収が良いのも特徴です。
また、手羽先や手羽もとには多くのコラーゲンが含まれており、美容面からも注目されていましたが、
最近では鶏の胸肉に多く含まれている抗疲労成分「イミダペプチド」が注目を集めています。
料理時間
5

髪メモ

鶏肉、卵、豆は育毛にとって良い食品です。 大人はもちろん子供も大好きな食品ですので家族で摂取して健康な日々を過ごしたいですね!
料理時間
20

髪メモ

お肉や魚の臭みを消すために日本食には欠かせない生姜。根生姜の旬はまさに今9~11月です。辛み成分の1つであるジンゲロンは新陳代謝を高め、発汗を促進する効果があります。代謝
が落ちやすいこれからの時期、生姜を上手に取り入れて、髪の成長を手助けしてあげましょう!
料理時間
30

髪メモ

ビタミンB群が豊富に含まれる合鴨肉で、髪もお肌をイキイキさせましょう!! 合鴨肉の油は低温で溶けやすく、良質な不飽和脂肪酸を多く摂ることができます。血液サラサラ効果や中
性脂肪、コレステロール値が気になる方にもオススメなお肉です!!
料理時間
35

髪メモ

鶏胸肉は低カロリーで高タンパク質で低価格な食材!普段口にするお肉(牛豚鶏)の中でリジンを1番多く含む部位(100gあたり)で、他にもヘアケアサプリ等にも配合されているパン
トテン酸やナイアシンが豊富に含まれています。脂質が少なく、効率的にたんぱく質を摂取できるので、充実な育毛ライフを過ごすにはぴったりな食材です
料理時間
10

髪メモ

お財布に優しい鶏のむね肉は高タンパク質で低カロリーな食材です。牛豚鶏のお肉の中でリジンを1番多く含む部位(100gあたり)で、毛髪のために進んで摂取したい食材の1つ。その
他、ヘアケアサプリ等にも配合されているパントテン酸やナイアシンも豊富に含まれています。
料理時間
30

髪メモ

コリコリとした食感が特徴の、砂肝を使った簡単おつまみです。 砂肝は安い食材なのに、栄養はとっても豊富!! おつまみとしても相性が良いので、毎日食べても飽きません。
お酒大好きな育毛メンにお勧めです。
料理時間
25

髪メモ

牛肉や豚肉などに比べて鶏肉は脂肪が少ないお肉です。髪も気になるけどダイエットもしたいなぁという方にピッタリです。今回使ったもも肉(皮つき・生)は100g当たりのカロリーは
200kcal。それを皮なしにすると116kcalとなります。驚異のカロリー42%カットです!
料理時間
30

髪メモ

日頃の育毛生活をさらなる高みへ!!今回は育毛に効く!?ツボについてご紹介!!百会(頭のてっぺんにあり、左右の耳と鼻の延長線の交わるところ)、神庭(眉間から、親指以外の4.
5本分上の顔左右のの中心位置)、天柱(首の後ろの髪の生え際にある左右のくぼみ)、1日1回、2,3分のマッサージではじめてみましょう!!
料理時間
15

髪メモ

鶏の皮にはコラーゲンが多く含まれています。コラーゲンは体内でも生成されるたんぱく質の1つ。体内に入ると分解されアミノ酸となり、皮膚や血管、骨へと再合成されます。年齢を重ね
るとコラーゲンの生成が少なくなっていきます。また、コラーゲンの合成には、ビタミンCが必須となっているので、一緒に摂取しましょう。
料理時間
5

髪メモ

最近注目のサラダチキン。低カロリーで高タンパク質でお手頃な食材です!鶏の胸肉にはリジンが多く含まれ、さらに髪に良いとされるパントテン酸やナイアシンが豊富に含まれています。
また、ほかのお肉と比べ、脂質が非常に少なく、効率的にたんぱく質を摂取できるので、充実な育毛ライフを過ごすにはぴったりな食材です!
15 件中 1 - 10 件目  1 | 2 次のページへ

今や世界的に豚肉・牛肉より消費量が多くなった「鶏肉」。スーパーなどでもお求めやすいお肉で、
焼き鳥・から揚げ・親子丼など国民食が多いですが、江戸時代ごろは高級食材として扱われていました。
ニワトリは元々日本にはいなかった鳥で、弥生時代ごろに中国大陸から伝来したと言われており、
今の1/3ぐらいの大きさで、朝を告げる神聖な鳥として伝わったと考えられています。
日本書紀には鳴かせて楽しんだり、闘鶏を行ったりなど、娯楽的に楽しまれていた記録が残っており、
生地や鴨など野鳥の肉を食べてはいたが、ニワトリは卵も含め食用ではなかったようです。
江戸時代にはようやく卵が食用とされるようになり、採卵用としてニワトリが飼われるようになったが、
ニワトリ自体が食用という形で流通していませんでした。
明治に入り、肉食文化が導入されましたが、鶏料理は他の肉料理より高級な料理として提供されていました。
低価格になり始めたのは、飼育がはやいブロイラーがアメリカから渡ってきてから。
成長が通常の鶏より3倍速く、それに伴い生産量も増加し、現代の日本の鶏肉をしっかりと支えています。