豚肉 | アイドラキッチン レシピ

1,200円以上送料無料
TEL 0570-05-1193
平日9:30~18:30
個人輸入医薬品
アイドラキッチン

豚肉のおススメ部位

皆さん、豚肉の部位は何種類あるかご存知ですか?
主な部位は7つですが、最近は沖縄料理や韓国料理などで使われる耳、豚足をいれると9つとなります。

・かた・・腕の部分 216kcal
・かたロース・・・首から肩の部分 253kcal
・ロース・・・胸から腰にかけての背中側の部分 263kcal
・ヒレ・・・ロースの内側にある部分 115kcal
・もも・・・ももの部分 183kcal
・そともも・・・ももの外側の部分 235kcal
・バラ・・・胴部分のお腹側の部分 386kcal
・耳
・豚足
(kcalは100g中)

豚肉は、お肉の中でもダイエット向きですが、その中でもヒレ、ももはカロリーが低く
ダイエットにおススメです。
また、ヒレ、ももは豚肉の中で最もビタミンB群が豊富なので、育毛にも良いと言われております。
これらのことから、豚肉の部位の中でも、ヒレ、ももが一番のおススメです。

ちなみに、豚足は肌に良いコラーゲンたっぷりの部位です。
料理時間
15

髪メモ

胚芽米は白米に比べビタミンやミネラルが多く含まれています。 卵は栄養素の高い食べ物として知られており「茹でる・焼く・炒める」など 使い勝手も抜群です。 また豚肉には
胚芽米同様にビタミン、ミネラルが多く含まれ、 髪の毛の主成分である「ケラチン」が含まれており育毛に良いとされています。
料理時間
8

髪メモ

栄養豊富な舞茸を手でほぐし、ささっと炒めてしまえば、あっという間に1品完成! ウインナーと一緒に炒めることで油分が加わり、育毛メンにもきっとご満足いただける一皿です。
料理時間
50

髪メモ

豚肉は皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB1が豊富に含まれており、糖質の代謝も助けてくれます。そのほか、細胞の成長や生成を促すビタミンB2も豊富。髪にとっても元気な細胞
は不可欠です。夏バテにも髪のためにも意識して摂取すべき栄養が豊富です。
料理時間
8

髪メモ

健康ブームで話題の発酵食品!お味噌も発酵食品の1つです。生命維持に欠かせない必須アミノ酸8種類が含まれているだけでなくビタミン、ミネラル、食物繊維なども豊富に含まれていま
す。味噌には老化制御機能や抗酸化作用があり、体の老化、もちろん髪の老化を防止する嬉しい働きが!1日に1回はお味噌料理を食べたいですね。
料理時間
5

髪メモ

メインの食材は、アボカド・卵・パンチェッタの3つです。
料理時間
10

髪メモ

豚バラ肉を使用したベーコンには、タンパク質だけでなくビタミンB群や意外にもビタミンCも含まれています。育毛に欠かせないリジンやビタミンAなどを含む栄養価の高いチーズを巻い
て、一気に大量の栄養を補給できる簡単おつまみになっています。
料理時間
20

髪メモ

育毛に必要なのが健康な頭皮! しっかりとした土台(頭皮)がなければ、髪は育ちません! L-リジンゴールド プレミアムシャンプー PROはキャピキシル+リジン配合シャンプ
ー! 頭皮を健やかに導くのはもちろん、髪を健やかに育てます!
料理時間
40

髪メモ

豚肉は牛肉の約10倍ものビタミンB1が含まれております。ビタミンB1は疲労回復のビタミンと言われており、糖質の代謝を助けてくれます。また細胞の成長や生成を促進するビタミン
B2も多く、快適な育毛ライフを過ごすには意識して摂取するべき栄養が豊富です。
料理時間
15

髪メモ

育毛食材に欠かせない卵!今回は温泉卵を使用しました。温泉卵にすると黄身も白身もトロトロでごはんに絡まり栄養を余すことなくおいしく食べられます。家でも簡単に作ることが出来る
ようなので、卵料理のレパートリーに温泉卵も追加してみてはいかがでしょうか。
料理時間
10

髪メモ

ロメインレタスは通常のレタスよりβーカロテンや葉酸が多く含まれています。βーカロテンは、体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは皮膚の新陳代謝と高める作用があります。
日頃の育毛ケアに加え、βーカロテンを摂取し頭皮環境を整えましょう。
16 件中 1 - 10 件目  1 | 2 次のページへ

豚肉のビタミンB1が抜け毛防止に!

お肉は原始時代から食され、今もなお、ほとんどの人は、1週間に1度は食べております。
そのお肉ですが、様々な動物の種類のお肉があります。
代表的なところでは、牛、豚、鳥、羊、鹿、馬などですが、
今回は、スーパーなどで手軽に買える豚肉の栄養素にスポットライトを当ててみました。
豚肉で特筆べき栄養素は、「ビタミンB1(チアミン)」
なんと、鶏肉や豚肉と比較して、約10倍も含まれております。
そのため、肩こり、疲労回復、抜け毛防止などに効果があると言われておれ、
不足すると疲労や倦怠感を感じやすくなります。

日本人は特に、このビタミンB1(チアミン)不足と言われております。
豚肉は100g当たりに含まれるビタミンB1の量が、あらゆる食品の中で一番です。
ビタミンB1(チアミン)に推奨摂取量は、男性1.2mg~1.6mg,女性0.9mg~1.2mg。
そして、このビタミンB1(チアミン)が多く含まれる食材は下記となります。

豚肉(100g) ヒレ 0.98mg
豚肉(100g) もも赤身 0.96mg
豚肉(100g) バラ肉 0.54mg
豚肉(100g) ロース肉 0.63mg
うなぎ蒲焼 0.75mg
玄米(180gお茶碗軽く1杯) 0.28mg
胚芽米(180gお茶碗軽く1杯) 0.14mg
納豆(50g 1パック) 0.04mg
木綿豆腐(100g 1/3丁) 0.07mg
そば (1玉分200g) 0.10mg

この数字からも、豚肉はビタミンB1の宝庫ということがわかります。
豚肉をしっかり食べて、疲労回復、抜け毛予防に役立てましょう。