豆類 | アイドラキッチン レシピ

1,200円以上送料無料
TEL 0570-05-1193
平日9:30~18:30
個人輸入医薬品
アイドラキッチン

豆の歴史や種類

数千年も昔の時代から、乾燥した豆類は長期保存にも適しており人々の食生活に深く根付いている身近な食材です。種類もほかの食材にくらべると大変多く、1,5000種類以上といわれ全ての豆類が世界で流通されているのではなく、国々によって頻繁に食される豆類も異なります。現在では植物油や豆腐、納豆など加工品など多く、私たちの生活の中でも最も身近に食べられている食材のひとつです。多くの豆類はタンパク質、炭水化物、ミネラル、油分、食物繊維、αリノレン酸、ポリフェノールなど豊富に含むことから育毛ケアをされる方にもオススメの食材です。日本では多くの豆を昔から食べてきているので薄毛大国にならなかったのは豆のおかげかもしれません。
料理時間
5

髪メモ

鶏肉、卵、豆は育毛にとって良い食品です。 大人はもちろん子供も大好きな食品ですので家族で摂取して健康な日々を過ごしたいですね!
料理時間
10

髪メモ

枝豆は、身体良い食べ物の1つで、肝臓の働きを回復させてくれることで有名です。また、アミノ酸が豊富にふくまれているため、育毛対策にも打って付けの食材です。スーパーなどで手軽
に購入できますので、薄毛が気になる方は、普段から枝豆を食することを意識してもよいでしょう。
料理時間
1

髪メモ

髪は、体に入った化学物質などの不要な成分を排泄する器官の一つですが、髪の毛を生み出す細胞だって体が汚れているとうまく機能しません。もちろん、髪が少なくなると身体に化学物質
がたまりやすくなりますので髪の毛のケアは、デトックスにも重要です。
料理時間
35

髪メモ

育毛メンのみなさん。コルテックスという言葉をご存知でしょうか。コルテックスとは髪の毛の80%~90%を占める細胞のことで、このコルテックスこそが髪の毛の硬さ、強さ、太さに
影響しています。髪の毛の細さが課題となっている方は特に、このコルテックスを意識した毛活に取り組んでみてはいかがでしょうか。
料理時間
15

髪メモ

薄毛のジレンマ。それは薄毛を隠すために髪、頭皮に悪いワックスを使用しなければならないこと!そんな育毛メンにワックス使用時の注意点をご紹介します!1.頭皮に根元にはつけない
!2.整髪は1日1回!3夜には絶対に洗い流す!以上3箇条を心がけましょう!!
料理時間
10

髪メモ

豆乳には多くのアミノ酸を含んでいます。アミノ酸は髪の毛に含まれる保湿成分でもありグルタミン酸やアスパラギン酸が保湿成分となります。豆乳には、このグルタミン酸やアスパラギン
酸が多く含まれているので髪の乾燥やパサつきに効果が期待できそうです。
料理時間
15

髪メモ

鶏胸肉は低カロリーで高タンパク質で低価格な食材!普段口にするお肉(牛豚鶏)の中でリジンを1番多く含む部位(100gあたり)で、他にもヘアケアサプリ等にも配合されているパン
トテン酸やナイアシンが豊富に含まれています。また、カシューナッツには亜鉛が豊富に含まれており、オレイン酸やミネラルも豊富です。
料理時間
10

髪メモ

髪に良いネバネバ系とタンパク質のゴールデンコンビが誕生!栄養満点の「ネバネバ7色そば」。これ一杯でバランスの良い栄養補給ができ、しかもカロリーも控えめ!育毛には、栄養バラ
ンスが大切です。手軽に作れるのも魅力的。
料理時間
10

髪メモ

仕事が忙しくて、夜遅くにご飯を食べることがよくあると思います。食後すぐ寝てしまうと、血流が胃腸に集中することで、他の器官への血流が少なくなり、浅い眠りになってしまいます。
さらに、寝ている間に分泌される成長ホルモンの量が減ってしまう事で、骨や筋肉、皮膚や髪などにも影響が出てしまいます。
料理時間
5

髪メモ

育毛効果があったと研究結果として発表のあった、「大豆イソフラボン」と「カプサイシン」。 多くの育毛剤にも含有されていますが、健康的に食事からも摂取してみてはいかがでしょ
うか?
11 件中 1 - 10 件目  1 | 2 次のページへ

豆類の栄養

豆類の栄養というと、はじめにに思い浮かべるのは大豆のタンパク質でしょう。大豆は「畑のお肉」といわれるくらい良質なタンパク質を含んでいます。もちろん育毛ケアをされる方にもたんぱく質の摂取は大事です。また、インゲン豆や小豆などには豊富な炭水化物が含まれています。また、代表的な豆の色は5色とされています。「黄色、黒色、赤色、緑色、白色」の豆が一般的に流通されている、なじみのある豆になります。黄色の豆類にはリノール酸やサポニンが含まれ、黒豆などの黒色の豆類にはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれています。あずきなど赤い豆類には鉄分、食物繊維、カルシウムが豊富に含まれています。一番身近な豆といえば緑でしょうか、グリーンピースなどの緑色の豆類にはビタミンAやビタミンBが多く含まれており育毛ケアや健康維持にも欠かせません。白色の豆類にはカルシウムや食物繊維が多く含まれており美容などにも人気の食材です。色によって含まれる栄養素など異なるため、バランスよく摂ることが理想とされています。