豆類 | アイドラキッチン レシピ

1,200円以上送料無料
TEL 0570-05-1193
平日9:30~18:30
個人輸入医薬品
アイドラキッチン

豆の歴史や種類

数千年も昔の時代から、乾燥した豆類は長期保存にも適しており人々の食生活に深く根付いている身近な食材です。種類もほかの食材にくらべると大変多く、1,5000種類以上といわれ全ての豆類が世界で流通されているのではなく、国々によって頻繁に食される豆類も異なります。現在では植物油や豆腐、納豆など加工品など多く、私たちの生活の中でも最も身近に食べられている食材のひとつです。多くの豆類はタンパク質、炭水化物、ミネラル、油分、食物繊維、αリノレン酸、ポリフェノールなど豊富に含むことから育毛ケアをされる方にもオススメの食材です。日本では多くの豆を昔から食べてきているので薄毛大国にならなかったのは豆のおかげかもしれません。
料理時間
3

髪メモ

お酒を飲むときにはついつい栄養が偏りがちになってしまいます。もちろん髪にもよくありません。育毛ケアをされる方は栄養を十分とりながらお酒をたしなむよう心がけましょう。枝豆は
髪への栄養もたっぷりありますが二日酔い防止などにも活躍する優れた野菜です!
11 件中 11 - 11 件目 前のページへ 1 | 2 

豆類の栄養

豆類の栄養というと、はじめにに思い浮かべるのは大豆のタンパク質でしょう。大豆は「畑のお肉」といわれるくらい良質なタンパク質を含んでいます。もちろん育毛ケアをされる方にもたんぱく質の摂取は大事です。また、インゲン豆や小豆などには豊富な炭水化物が含まれています。また、代表的な豆の色は5色とされています。「黄色、黒色、赤色、緑色、白色」の豆が一般的に流通されている、なじみのある豆になります。黄色の豆類にはリノール酸やサポニンが含まれ、黒豆などの黒色の豆類にはアントシアニンというポリフェノールの一種が含まれています。あずきなど赤い豆類には鉄分、食物繊維、カルシウムが豊富に含まれています。一番身近な豆といえば緑でしょうか、グリーンピースなどの緑色の豆類にはビタミンAやビタミンBが多く含まれており育毛ケアや健康維持にも欠かせません。白色の豆類にはカルシウムや食物繊維が多く含まれており美容などにも人気の食材です。色によって含まれる栄養素など異なるため、バランスよく摂ることが理想とされています。