> > > > ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キット

【送料無料】ピロリ菌除菌&検査セット

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キット

¥5,320
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キット

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは送料無料でお届けします。

海外発送
商品名の記載なし!

出荷国:ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キット は、シンガポールから発送されますシンガポール

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットをほしい物リストに追加
現在登録者数:5人

ピロリ菌検査キットとピロリ菌の除菌用医薬品(一次用)のセットです
■ピロリ菌の除菌用医薬品(一次用)の内容■
オメプラゾールジェネリック20mg14錠 1箱
アモキシシリン250mg21錠 2箱
クラリスロマイシン250mg4錠 4箱

※アモキシシリン250mg21錠は、出荷時期により同成分同入り数の異なるパッケージになる場合がございます。

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは医薬品です。自己責任でご使用の程をお願い申し上げます
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは法人名義のご住所(会社等)への配送はできません
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは支払日から通常10日前後でお届けします。
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの返品について
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キット を購入時に新規登録で600ポイント(600円分)進呈 ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットはクレジットカード決済での購入ができますピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは代引きでの購入はできませんピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは銀行振り込みでの購入ができますピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは郵便振替での購入ができますピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットはコンビニ決済での購入ができますピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは後払いができます

お買い物お買い物

商品コード:317682

1 セット ¥5,320

数量 
厚生省の指導により、2012年12月21(金)より、医薬品は用法用量からみて1ヶ月分以内のご購入のみ可能となります。何卒、ご理解のほどをお願い申し上げます。

この商品はお得な定期購入もできます

1 セット ¥5,220

お支払方法
ちょコム
クレジット支払い

使用方法

※3製剤を同時に服用します。
※朝夕の食後に1日2回服用。

使用上の注意

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの使用方法・服用方法については、あくまでも目安となります。
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの効果効能については個人差がございます。
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットが合わない場合は直ちに利用を中止し、 医師に相談してください。

注意 ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは海外からの発送です

  • ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの配送方法につきましては国際書留郵便、日通メイルプラス、EMSを利用します。
      (一部商品によってはペリカン代引きが可能です。ジェネリック医薬品不可。)
  • ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの納期は支払日から通常7~14日。ただし祝日や郵便・税関の混雑によって遅れることもあります。
  • ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの配送希望日時は指定できません。
  • 品名表示は指定できません。MedicineもしくはSupplementと表示されます。

※ご注意下さい

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは通関の際に、お送り先がお勤め先・事業所の場合、個人輸入と認められず、お荷物が税関で止められることがございます。
その場合最悪ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットは没収となりますので、アイドラッグストアーでは、お送り先はご自宅のみ承っております。
ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットの個人輸入について、詳しくはこちらをご覧下さい。

■ピロリ菌とは?
    ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせん形をした厄介な菌です。この菌を原因として胃や十二指腸などの病気の原因になります。 ほとんどの方が子供の頃に感染しており、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染すると、炎症が起こりますが、感染した時点では症状がひどくなる事は少ないようです。普段の生活で胃の不快感が長引く事がある方や胃炎や、胃潰瘍などを起こしやすかったりする人はもしかしたらピロリ菌に感染しているかも知れません。さらにピロリ菌の感染が続くと感染範囲が「胃の出口」の方から「胃の入口」の方に広がって慢性胃炎が進み、この慢性胃炎が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。日本では約6,000万人がピロリ菌に感染していると考えられています。
■除菌方法について
    検査をしてピロリ菌が見つかった場合、次に行うのは「除菌」です。現在、一般的に行われている除菌療法は「3剤併用療法」になります。胃酸の分泌を抑える働きのある「プロトンポンプ阻害剤」と2種類の「抗生物質」の合計3剤を1日2回(朝・夕食後)に服用するというものです。なお、除菌療法は7日間連続して行われます。正しくお薬を服用すれば除菌療法は約80%の確率で成功します。途中で服用をやめてしまうとピロリ菌が薬に対して耐性をもってしまい、次に除菌しようと思っても除菌の成功率が下がる原因にもなるので要注意です。

    【 プロトンポンプ阻害剤 】

    PPI(Proton pump inhibitor)。胃腸障害全般に処方される薬。胃酸は胃粘膜にあるプロトンポンプから分泌されるので、その活性を阻害することで胃酸の分泌を強力に抑えます。それと同時に、胃酸のために抗生物質が働かなくなってしまうのを防ぎます。

    【 抗生物質 】

    ピロリ菌を除去する薬で「アモキシシリン」と「クラリスロマイシン」が保険適用薬となっています。ただし、抗生物質を飲んで副作用(湿疹や発熱、呼吸困難など)を起こしたことのある人は除菌治療が行えないこともあります。また、高齢者や重症の肝・腎疾患を合併している人も除菌治療を行えない可能性があるので、主治医とよく相談する必要があります。
■初回治療後
    正しくお薬を服用すれば初回の除菌療法にて約80%の確率で成功します。すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから再度ピロリ菌を除菌できたかどうかの検査を行います。この検査でピロリ菌が残っていなければ除菌成功ですが1回目の除菌療法で除菌できなかった場合は、再び7日間かけて薬を飲む、2回目の除菌療法を行います。その際、2種類の「抗菌薬」のうち1つを初回とは別の薬に変えて、再び除菌を行います。この方法で行えば2回目の除菌療法も正しくお薬を服用すれば約80%を超える確率で成功します。
    一方で高齢者など、除菌後に不快感を訴える場合もあります。胃の入り口が緩んでいる場合には除菌前よりも強い胃酸が逆流して、胸焼けなどの症状が起こる事もあり、これを「胃食道逆流症」あるいは「逆流性食道炎」といいます。しかし胃酸を抑える治療は薬で容易に可能なので、さほど心配することはありません。
■副作用
    これまでに除菌療法のおもな副作用として以下の事柄が報告されています。

    【軟便・下痢】便がゆるくなったり、下痢を起こしたりすることがあります。

    【味覚異常】食べ物の味をおかしいと感じたり、にが味や金属のような味を感じたりするなど。

    【AST(GOT)の変動、ALT(GPT)の変動】肝臓の機能を表す検査値が変動することがあります。
■注意点
  • 2回続けて飲み忘れた場合には、除菌はまず失敗します。
  • 除菌治療中の喫煙は除菌率を低下させるため、治療中は禁煙してください。
  • 2回目の除菌療法の間は、アルコールの摂取(飲酒)を避けてください。

すべての口コミを見る(新着順)

ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットを激安で通販!ピロリ菌除菌C(一次治療)セット+ピロリ菌検査キットを買うなら国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!