> 特集一覧 > アダルトグッズの歴史

アダルトグッズの歴史

今やナイトライフで、愛用されている方も多いアダルトグッズ。

アダルトグッズの歴史は古く、現在確認されているもので約28000年前の石器の張形(ディルド)がドイツで発見されています。

通常の石器より非常に滑らかに磨き上げられている点、また男性器の実寸ぐらいの大きさで作られていることから、 現在のアダルトグッズの様に、実際に膣に入れるために用いられた可能性が高いと言われています。

石器のアダルトグッズ

発掘されたアダルトグッズ

海外だけではなく、日本でも古くからアダルトグッズが存在した記述など残っており、 一番古い記述のものは、飛鳥時代に唐から大和朝廷へ贈られた物の中に青銅製の男性器型の張形(ディルド)があります。
唐では、後宮(日本で言う大奥)があり、皇帝からのお呼びがかからない女性たちに流行したと言われています。
奈良時代には水牛の角で作られた張形が伝わり、その頃から日本でも張形が作られたと記述に書かれておりますが、 その頃は儀式や呪術などに使われており、祭事目的での装飾品のような扱いをされ、 現在のように性行為時に使うアダルトグッズとしては、使用されておりませんでした。

左側が発掘されたもので、右側がレプリカ
アダルトグッズの種類はこちら!

本格的にアダルトグッズとして出回るようになったのは、800年以上も後の江戸時代になってから。
寛永3年に「四ツ目屋」と言う元祖アダルトショップが開店し、 店内は人の顔も見えないくらい薄暗くし、プライバシーに考慮してアダルトグッズの販売を行い、 ディルド以外にもオナホールやサック(補助器具)等のアダルトグッズも流通した記録が残っています。

男子禁制の宮内や大奥のような場所でも性的な満足を得る為にアダルトグッズが使用されており、 現代のアダルトショップと同じようなアダルトグッズを取りそろえ、江戸と大阪にチェーン展開をするほどに人気が出ていたそうです。
江戸時代では四ツ目屋というお店が中心となり、庶民にもアダルトグッズが浸透しましたが、 明治に入り、政府が「太政官布告」をもって、性風俗全般への取り締まりを始めました。
取り締まりは春画やアダルトグッズだけでなく、縁起物として奉られていたものまで没収されたほど。
いくども取り締まられながらもアダルトグッズを扱うお店は無くならず、いたちごっこ状態が続いたそうです。

昔のアダルトグッズ

終戦後の昭和23年の薬事法改正によってアダルトグッズが医療機器の扱いとなり、販売に厚生大臣の許可が必要となりました。
そのため、流通していたほとんどの商品の販売が認められてくなってしまい、 販売業者は張形に顔を掘り込んで、「こけし」や「人形」として販売していたそうです。
この流れは現在の商品にも大きく反映されており、「ジョークグッズ」等の名目で販売されている商品が今もなお多く存在しています。
昭和30年後半に入ってからは、ローター電動バイブレーターが日本で開発され、 瞬く間に大人気商品となり、「大人のおもちゃ」の愛称で呼ばれるようになりました。

日本第一号のアダルトグッズ

平成に入るとIC制御で複雑な動きができる商品が誕生しています。
1996年には、日本では初の女性だけで運営するアダルトグッズを扱うサイトが誕生し、 2000年を過ぎてからはアダルト誌だけでなく、女性誌などにもアダルトグッズが紹介され、 男性だけでなく女性の中でもアダルトグッズへの認識も高まっています。

今ではポピュラーなアダルトグッズ、電動バイブレーターは、 19世紀のロンドンのお医者様が医療用として作ったものが最初と言われており、 電動バイブレーターの誕生を描いた映画が2011年に公開、日本でも2013年に公開されます。
映画になるほど、庶民的に流通したアダルトグッズ。
21世紀では江戸時代には考えられなかったような商品が流通しており、 機能だけでなくデザイン性にもこだわった海外の高級アダルトグッズ「JE JOUE」や「LELO」。 日本で独自に進化し、メディア展開まで行っている「TENGA」。
さらには、億単位の開発費用を掛けて誕生したオナホール「フレッシュライト」。その他数限りないメーカーがありますが、 単なるアダルトグッズメーカーではなく、ブランド力が確立されているものも増えてきています。

G-Ki(Je Joue/イギリス)Gスポット用ラブトイ

フレッシュライト

テンガ

多種多様のプレイ内容に応じて豊富な種類が誕生し、様々なバリエーションのアダルトグッズが今もなお開発されています!

アダルトグッズの種類はこちら!

アダルトグッズを激安で通販! アダルトグッズを買うなら国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!