髪やお肌の健康に欠かせない栄養素!ビオチンとはいったい何?

ビオチンとは?

ビオチンとは?

「ビオチン」という言葉。最近は、サプリメントやシャンプーなどで耳にすることが多くなってきました。

ビオチンは、水溶性のビタミンの一種。 ビタミンB7、ビタミンH、コエンザイムR(補酵素R)と様々な別名を持っています。

ビタミンHの「H」は、ドイツ語の“Haut”(皮膚)に由来しています。 その名の通り、皮膚の健康にとても関わりの深く、皮膚炎の原因「ヒスタミン」の抑制などの効果があるビタミンです。

ビオチンは、水溶性のビタミンの一種

「補酵素」は、酵素と一緒に、代謝や消化を進める働きがあります。

ビオチンは、ビタミンとしての効果と同時に、アミノ酸の代謝やコラーゲン生成といった補酵素の役割も担うために、このような別名でも呼ばれています。

コラーゲンは、髪や爪の主成分であるケラチンの合成に必要な成分です。

コラーゲンは、髪や爪の主成分

ビオチン療法とは?

健康な髪やお肌を保ってくれるアミノ酸の代謝やコラーゲンの生成に関わるビオチン。 昔からその効果は注目されており、アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、乾癬(かんせん)などの病気の治療法としてビオチンは使われています。アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、乾癬などの病気で一般的なのはステロイド剤の塗り薬を使った治療です。

しかし、ステロイドを多量に長い期間使用すると、免疫力低下・血糖値上昇などの副作用を引き起こす可能性があります。 そこで、ステロイドの量を減らして、その代わりにビオチンを内服するのが「ビオチン療法」です。

ビオチン療法とは

ビオチンのオススメ商品