美肌への近道はビオチンにあり!?

ビオチンと肌

ビオチンと肌

ビオチンと肌の関係

ビオチンは別名ビタミンHと呼ばれ、ドイツ語で肌を意味する「Haut」が由来とされており、ビオチンを使った肌への治療は昔から多く行われてきました。ビオチンの働きとしては、アトピーケアだけでなく、美くい肌へと導く作用が期待されています。

中でも「ビオチン療法」は有名で、ビオチンの副作用が無いことから安心して行える療法として、アトピー性皮膚炎の方や美容マニアなどの間で、とても注目されています。 日本では、まだあまりビオチンは知られていませんが、アメリカではビオチンはとても認知されているビタミンの一つです。

ビオチンと肌の関係

また、日本のビオチンサプリメントの含有量は0.5mgとわずかですが、アメリカのサプリメントにはビオチン含有量5mg~10mgと、日本製のものよりもけた違いの含有量です。そのため、ビオチンを使ったケアをされる場合、個人輸入でビオチンを入手される方が大多数です。 そんな注目度の高いビオチンですが、いったい肌へどのような働きをしてくれるのでしょうか。

透明感のある美肌づくりにはビオチンがカギ!

ビオチンにはコラーゲン生成促進、代謝促進等の効果が期待され、美肌効果だけでなく、アトピー性皮膚炎の治療にも用いられています。特に、アトピー性皮膚炎患者は、血清中のビオチン濃度が低下している状態が多いとされ、ビオチンを積極的に摂取したいものです。 そんな美肌づくりに欠かせないビオチンですが、摂取することで皮膚細胞のターンオーバーサイクルを早める働きがあります。皮膚細胞のターンオーバーが正常になることで、健康的な皮膚を作り出しやすくなります。

また、ビオチンは皮膚細胞のターンオーバーを早めること以外にも、メラニン抑制の働きを持ちます。つまり、ビオチンを摂取するだけで、美肌と美白ケアを同時に行えてしまうのです。

透明感のある美肌づくりにはビオチンがカギ

美白に関しては、Lシステインを取り入れている方も多いと思いますが、システインは肌だけでなく、髪の色まで白くしてしまう作用があります。 「肌は白くしたいけど、白髪は困る・・・」 なんて方は、合わせてビオチンを取り入れてみてください。 ビオチンには白髪の抑制をサポートする働きがあります。

ビオチンのオススメ商品