ビオチンで白髪は予防できる!?

ビオチンと白髪

ビオチンと白髪

そもそもどうして白髪になるの?

髪の毛に色が付くのはメラニン色素のおかげです。メラニンを作る細胞(メラノサイト・色素細胞)が毛母細胞に色素を渡すことで、髪の毛に色がつきます。メラニン色素が多い髪は黒髪、少ない髪はブロンド、ほとんど含まない髪は白髪となるのです。

白髪は、メラノサイトの働きが弱くなり、メラニン色素の合成が出来なくなるために起こります。メラノサイトそのものが減少、もしくは欠損しているタイプ(欠損型)とメラノサイト自体は残っているが色素の合成を行っていないタイプ(休眠型)に分けることができます。 加齢による白髪は主に欠損型です。

そもそもどうして白髪になるの?

これが白髪の3大要因!!

これが白髪の3大要因!!

1. 加齢

加齢は誰も避けることができません。
老化現象の1つとして、メラノサイトの数が減り白髪を引き起こします。

2. 遺伝的要因

年齢を重ねても黒々とした髪を維持している方もいます。逆に、小学生でも白髪が生えている子もいます。

これは、遺伝的要因が強く生まれつき決まっているようです。 親が白髪になりやすい場合、子供も将来白髪になる確率が高くなるといわれています。

3. 毎日の生活習慣

毎日の睡眠不足や、栄養状態の悪化、ストレスによって体の代謝の働きが弱まると、白髪が生じやすくなります。
マリー・アントワネットは処刑されるショックで一晩のうちに髪が真っ白になったというエピソードがあります。すでに生えている髪の色が大きく変わることはないためこの話は迷信と言われていますが、強いストレスを受けることによりメラノサイトの働きが止まり、急に白髪が増えることは考えられる現象です。

ビオチンと白髪の関係は?

髪の毛に色を与えるメラノサイトには、欠損型と休眠型の2つがあることは先述の通りです。残念ながら、一度欠損型になってしまったメラノサイトは、二度と通常のメラノサイトに戻ることはできないと現在は考えられています。
では、メラノサイトの欠損型を生み出さないようにするために何か良い方法はないのでしょうか?

実は、まだその明確な答えは研究段階であり出ていません。

ビオチンと白髪の関係は?

しかし、メラノサイト(色素細胞)の元になる「色素幹細胞」の存在が発見され、この「色素幹細胞」が白髪の発生に大きく関わっていることがわかってきました。 この「色素幹細胞」は17型コラーゲンという特殊なコラーゲンがなくなると、幹細胞自身が枯渇するため、その子孫細胞で色素を作り出す細胞が増やせず白髪が進んでしまうことを東京医科歯科大学の研究チームが解明、2011年の国際科学誌「Cell Stem Cell」で発表されています。

残念ながら17型コラーゲンはサプリメントでとることは難しく商品化にはまだまだ時間がかかりそうです。しかし、私たちの体内のコラーゲンは加齢に伴いどんどん減っていくのです。
ここで登場するのがビオチン!
ビオチンは、コラーゲンの生成に関わっています。まずは、体内のコラーゲンの減少を食い止め、白髪の予防を行ってはいかがでしょうか。

ビオチンのオススメ商品