> 特集一覧 > シトルリンの効果と副作用 > シトルリンとアルギニン・オルニチン

3つのアミノ酸の違いとは?目的別で選ぶスーパーアミノ酸!

シトルリンとアルギニン・オルニチン

シトルリンとアルギニン・オルニチン

3つのアミノ酸を正しく理解して効果的な摂取を!

「オルニチン」は二日酔いに、「アルギニン」は男性の活力、「シトルリン」はめぐりに良い・・・ 一般的にそのようなイメージがあると思います。

しかし、この3つのアミノ酸、実は体内で同じサイクルをたどります。 違いを正しく理解することで、目的別に正しく摂取することが可能です。

2つの体内サイクル

3つのアミノ酸の違いを理解するためには、体内の2つのサイクルを知ることが大切です。 「オルニチンサイクル」と「一酸化窒素サイクル」です。

オルニチンサイクルとは

「オルニチン・シトルリン・アルギニン」の3つが変化していくサイクルのことで、尿素回路とも呼ばれます。

オルニチンサイクル
このうち、どのアミノ酸を摂取しても、オルニチンサイクルは活性化されます。 オルニチンサイクルが活性化されると、肝臓でのアンモニア解毒がすすみ疲労物質の排出が行われます。そのため疲労回復や二日酔いの防止に効果があるのです。

一酸化窒素サイクル

オルニチンサイクルの一部であり、「シトルリン」が「アルギニン」に変化するときに一酸化窒素を生成するため、この名がついています。

一酸化窒素サイクル
一酸化窒素には、血管の筋肉を柔らかくし広げ、血流をスムーズにする力があります。 このため、新陳代謝の向上や精力増強に効果が期待できます。

どっちがいいの?シトルリンとオルニチン

このように、同じサイクル上で変化し続ける3つのアミノ酸ですが、それぞれ目的によって摂取すべき成分は異なります。
まず、肝臓の活性化やアンモニア解毒による疲労回復の効果は、いずれのアミノ酸を摂取しても同じです。これは、オルニチンサイクルを繰り返す上で効果が出るので、どの段階のアミノ酸でも差異があまりないからです。
ここで注意したいことは、アルギニンの経口摂取による吸収率の低さです。 摂取したうちの半分以上が尿として排出されるといわれています。

では、シトルリンとオルニチンのもたらす効果の違いとはなんでしょうか。
答えは、「一酸化窒素サイクル」にあります。 シトルリンの状態で摂取すると、アルギニンに変化する際に発生した一酸化窒素が血液の流れをサポートします。

ダイエットや精力増強のみでなく、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減できるといわれています。疲労回復や精力・体力アップにダイエット・・・という一石二鳥どころか三鳥も四鳥もお得なシトルリン。
この機会に試してみませんか?

シトルリン・アルギニン・オルニチンをサプリメントで!

アイドラッグストアーでは、シトルリンだけでなく、アルギニンやオルニチン含有のサプリメントも販売しています。
  • 医薬品グレードのシトルリンを1粒に850mgも大含有!

    非常に幅広い健康パワーを持つシトルリンは、いつまでも若々しくありたい方、スポーツをされる方、ダイエット中の方など、老若男女問わずおすすめのスーパーアミノ酸です。 Swanson社のこちらの商品では、医薬品グレード(Pharmaceutical Grade)のシトルリンを1粒に850mgも含有しています。 シトルリンの原材料には、高純度・高品質で定評のある日本の協和発酵製(Kyowa Quality L-Citrulline)のものを採用。 シトルリンのパワーを余すことなく補給できます。

  • 成長ホルモンと関わりのあるアルギニンとオルニチンを1回で!

    ジャロウ社のLアルギニン/Lオルニチンは、1粒にLアルギニンを500mg、Lオルニチン250mgを配合しています。 Easy-Solvタブレットを採用。吸収面にもすぐれたサプリメントになっています。 成長ホルモンと関わりのある2種類のアミノ酸をまとめて補えるため、若々しさを求める方だけでなく、ダイエットやトレーニングのサポートにもおすすめです。 ※ラベルデザインが写真と異なる場合がございます

  • コンビネーションサプリメント

    運動をする方におすすめの栄養成分です!筋肉の代謝に使われるアミノ酸の一種、 LアルギニンとLオルニチンのコンビネーションサプリです。

  • アメリカの有名サプリブランド

    人気の2種類のアミノ酸、LアルギニンとLオルニチンを2:1のベストバランスで配合されたサプリメントです。ダイエット中の方やアスリートの筋力アップに人気が高まっています。