スポーツの世界でも大注目!シトルリンでたくましい肉体作りを!

シトルリンと筋肉

シトルリンと筋肉
シトルリンには、血管を拡張する働きがあります。血流を増やすことにより筋肉繊維も太くなり、筋肉増強に役立つといわれています。

シトルリンは同じアミノ酸のアルギニンと一緒に摂取すると、体内で一酸化窒素(NO)が産出されます。

この一酸化窒素は、血流を促進し、運動中のパフォーマンスをサポートしたり、筋肉痛を予防するなど、運動時のパフォーマンスを大きくサポートします。

また、シトルリンとアルギニンは、「成長ホルモン」の分泌を促すアミノ酸です。
成長ホルモンは運動後や睡眠中に、筋トレなどでダメージを受けた筋肉を修復し、筋肉を大きくするのに大きな役割を果たします。

スポーツの世界でも大注目!シトルリンでたくましい肉体作りを!

シトルリンとアルギニンの関係

シトルリンは体内でアルギニンに変換されます。そのため、わざわざアルギニンを一緒に飲む必要はないように思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、アルギニンは胃酸に弱く壊れやすいという弱点を持ちます。

体内に持続的にアルギニンおよび一酸化窒素をキープするためには、直接アルギニンを摂取するのに合わせて、時間を掛けてアルギニンに変わるシトルリンを一緒に摂るのが効率的です。

シトルリンとプロテインの関係

筋肉をつけるためにトレーニングをされている方は、プロテインを摂るなど、通常の方よりも多くのタンパク質を摂取されている場合が多いのではないでしょうか。
しかしながら、タンパク質は代謝される過程で、毒素であるアンモニアを生み出します。そして、このアンモニアを分解する役割を担う肝臓に大きな負担が掛かりがちになります。

シトルリンは、デトックス作用を持ち、肝臓を助けるのにも活躍します。
体内でシトルリンからアルギニンに変換された後、アルギニンはオルニチンに、オルニチンは再びシトルリンへと変換されます(オルニチンサイクル)。このサイクルの中で、アンモニアは無毒な尿素に変換されます。

そのため、タンパク質を多く摂取されている方は、これら3つのアミノ酸を摂取することによりオルニチンサイクルを活性化し、肝臓の働きをサポートするのがおすすめです。

シトルリン健康食品でトレーニングサポート

アイドラッグストアーでは、トレーニングをサポートするシトルリン含有の健康食品も販売しています。