脳の活性化につながるシトルリンの効果とは?やる気を引き出すスーパーアミノ酸

シトルリンと記憶力&集中力

シトルリンと記憶力&集中力

記憶力・集中力が落ちてしまうのはなぜ?

ものごとを記憶し、考え・行動に集中する・・・これらは、もちろん「脳」が司る機能です。 脳が正しく機能するためには、エネルギー源であるブドウ糖・酸素の二つが正常に脳に運ばれることが必要不可欠。

この二つを運ぶ役割を果たすのが、血管を流れる血液です。

「記憶力や集中力が落ちて、いまひとつ仕事・勉強が捗らない」 これは脳にブドウ糖・酸素がうまく運ばれていないため、脳機能が鈍っていることを示します。 空腹時に頭がぼうっとするのは、ブドウ糖が不足しているからなのです。

また、エネルギーを摂取していても、血液がうまく循環していないと十分なエネルギーが脳に運ばれずに、記憶力・集中力が落ちる原因となります。

記憶力・集中力が落ちてしまうのはなぜ?

シトルリンと脳機能の関係

この「血液の流れが滞り、脳にエネルギーが運ばれない」状態を改善するのがシトルリンなのです。
シトルリンには血管の拡張作用があるといわれています。体内に入ったシトルリンが、アルギニンに変換される際、一酸化窒素(NO)を生成します。この一酸化窒素は、血管を広げ、血液のスムーズな循環を促します。
血液の流れをスムーズにすることにより、ブドウ糖・酸素がうまく脳に届くと、脳が活性化して、記憶力・集中力もアップするというわけです。

ぼけ防止にも?脳活性化によるさらなる効果とは

血液循環が改善され、脳が活性化することにより得られる効果は記憶力・集中力だけに留まりません。

脳内の血液循環が活発であると、判断力が向上する他、ボケ防止にも繋がります。 これは、「脳のゴミ」ともいわれるベータアミノロイドが脳に蓄積することを防くためです。ベータアミロイドが海馬に溜まると、脳が萎縮し、ボケの原因になるといわれています。 血液がうまく流れていると、このベータアミノロイドを阻害し、ボケ防止になるというわけです。

単なる記憶力・集中力アップのみでなく、ボケ防止にもなるシトルリン。 うまく摂取して心身ともに健康に生きましょう。

ぼけ防止にも?脳活性化によるさらなる効果とは

シトルリン含有サプリメントで健康サポート

アイドラッグストアーでは、毎日の健康をサポートするシトルリン含有の健康食品を販売しています。