> 特集一覧 > ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは?

医療用医薬品には同じ成分、同じ効き目でも値段の高い薬(先発医薬品)と安い薬(後発医薬品)があります。
後発品は、欧米では一般名(generic name成分名のこと)で処方されることが多いため、ジェネリック医薬品とも呼ばれています。

どのような画期的な発明の医薬品でも、その発売からおよそ6年後、または特定年月で特許が切れると、その有効成分や製法等は共有の財産になり、 医薬品製造業者は自由に医薬品を製造できるようになるため、同じ成分の医薬品より安く国民に提供できるようになります。
薬の名前には、我々消費者になじみの深い"商品名"のほかに、有効成分名としての"一般名(generic name)"があります。
例えば、胃潰瘍の薬として知られているガスターの一般名は「ファモチジン」という。ガスターは先発医薬品だが、「ファモチジン」という一般名のジェネリック医薬品は、 ガスポート、ガスメット、ガスリック、ガモファー、クリマーゲンなど何種類もある。一般名が同じ薬であれば、商品名が異なっていても、有効成分は同じです。
このように、1つの先発医薬品の特許が切れれば、各製薬メーカーから一斉にジェネリック医薬品が製造・販売されることになります。
代替調剤(薬剤師が患者の同意の上で、医師が処方した薬を同じ薬効成分を持つほかの薬に変更できる)が普及している米国や英国では、医師が処方する薬のうち、 ジェネリック医薬品が占める割合は約半数にも達しているといいます。

ジェネリック医薬品の開発費

ジェネリック医薬品の開発

新薬(先発医薬品)を開発するには、約10~15年の期間と150~200億円の費用がかかるのに対し、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の開発は3~5年の期間と数千万円程度の費用で済むと言われています。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、すでに使用された新薬で安全性と有効性が確かめられていますので、ヒトでの安全性や有効性を証明するための臨床試験をする必要がありません。
先発医薬品と同じ成分、同じ効き目であることを証明する等、承認申請に必要な試験項目、書類が格段に少ないため安い費用で開発できるのです。

ジェネリック医薬品の品質

ジェネリック医薬品の有効成分は先発医薬品と全く同じであり、効能・効果も変わらりません。 ただ、保存料や着色料といった添加物は各メーカーによって異なるため、製剤によっては大きさや味、 においなどに違いがあったり、先発医薬品では解決できなかった副作用が出にくいように改良されたものもあります。
その違いが、薬の効き方などに微妙に現れることもあります。

アイドラッグストアーで人気のジェネリック医薬品

  • 業界最安値!バイアグラジェネリック薬。1錠あたり、たったの90円(28錠の場合)

    カマグラゴールド

  • ED薬 シアリスジェネリック 歓喜のお声が続々!

    メガリス

  • 【成分鑑定済み】待望のED薬レビトラジェネリック!

    バリフ

  • 【業界最安値!成分鑑定済み】日本皮膚科学会A評価成分フィナステリド含有!

    フィンペシア

  • ゼニカルのジェネリック医薬品!

    オルリスタット120mg

アイドラッグストアーで取扱いのジェネリック医薬品は、成分鑑定を行っており、 規定量が含有されている商品のみ取り扱ってございます。
流通しているジェネリック医薬品の中で記載有効成分量と実際に含有されている有効成分量が異なっている商品もございます。
アイドラッグストアーでは一切そのような商品の取り扱いはございませんのでご安心ください。
ジェネリック医薬品を激安で通販!ジェネリック医薬品を買うなら国内商品・海外のED薬・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!