> 特集一覧 > 薄毛・抜け毛・AGA 対策
毛髪 一般的な薄毛・抜け毛とは、ある年齢を過ぎた頃から徐々に抜け毛が気になりはじめ、年々進行が進んでいきます。

薄毛・抜け毛

一般的な薄毛・抜け毛とは、ある年齢を過ぎた頃から徐々に抜け毛が気になりはじめ、年々進行が進んでいきます。
その年齢というのは一般的に30歳前後が多いとされていますが個人差もあります。
早い人では20歳を越えたあたりから症状が始まる場合もあり、統計的に30歳前後にAGAの症状、わかりやすく言うと抜け毛になり生え際が上がってきて、薄くなってくるのです。ですが、30歳で抜け毛が多くなり薄毛が気になるという場合には、 何かしらの兆候がそれ以前に表れている可能性が高いです。
実際には気がつかなくても25歳を過ぎたあたりからAGAの影響が出てくるのです。
また、頭皮ケアを始める方達のほとんどが抜け毛の進行がすでに始まってからになります。
抜け毛が気になる前からケアをするのが一番良いですが、抜け毛が始まってからでも手遅れになる前にケアをしなくてはなりません。
日常の生活習慣を見直し、症状を遅らせることは十分可能ですし遺伝による体質の方も早めにケアする事により症状を改善できる可能性は十分にあります。

AGA(エージーエー)とは

AGA(エージーエー)とはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味になります。 日本人男性の約30%の方が発症するとされ、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。成長期以降、額の生え際や頭頂部の毛髪が段階的に薄くなっていき、一般的には遺伝や 男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。症状が進行すると抜け毛、うす毛が目立つようになります。

AGA(エージーエー)

AGAの主な原因

AGAによる抜け毛・薄毛の原因として、男性ホルモンのTH(テストステロン)が脱毛ホルモンである DHT(ジヒドロテストステロン)という原因物質に変換されることで進行するとされています。
DHTが脱毛部にて増加される事により髪質が弱く細い毛が増え、毛髪が成長する前に抜け落ちていく様になります。
近年は食生活や生活習慣の変化によりAGAになる人が増えていると言われており、発症する年齢も早くなってきていると言われています。
AGA対策にはそういった食生活や生活習慣の改善も重要ですし、その他に日頃の頭皮ケアも重要になってきます。
遺伝だとしても日頃のケアや食生活・日常生活の改善で遅らせることも可能ですので、しっかりとした知識をもって対策を講じることがとても有効策となります。

●男性ホルモン

AGA(男性型脱毛症)の8割が遺伝によるものといわれています。
AGAの中でも特に若年性脱毛症の場合は遺伝の影響が大きいようです。これは薄毛になりやすいホルモンのバランスが遺伝するためです。
また、この男性ホルモンの影響を受けやすいのが、前頭部と頭頂部。逆に、側頭部や後頭部などは影響を受けにくい部分となります。

●頭皮の硬化

頭皮は長い年月をかけて徐々に硬くなっていきます。
原因としては老化をはじめ、化学合成成分のシャンプーを長年使用した結果、蛋白組成の溶解、凝固、破壊によるものや紫外線などによるコラーゲンなどの繊維質の破壊によるものなどです。
このような頭皮の硬化が毛根に影響し、抜け毛や薄毛の原因となるのです。
他の筋肉と違い頭皮は動かない筋肉のため頭皮マッサージなどで頭を柔らかくする必要があります。
地面に例えた場合、固い土の上には中々植物は生えてこないのと同じ理屈です。

●ストレス・生活習慣

ストレスによって男性型脱毛症が引き起こされた場合には、症状が一気に進行するという特徴があります。
ストレスは仕事などから起こる神経の疲れや、休息が不十分でうまくリフレッシュできないときなどに溜まりがちになります。
また、AGAに悩むことがストレスとなり、悩んでいるストレスがまたAGAの原因となるという悪循環に陥っているケースも少なくありません。
AGAの原因を作らないためにも、うまくストレスを発散する工夫が必要になります。
その他、生活習慣の中では、特に食生活が髪や地肌の健康にとって大切であると考えられています。
単品メニューの食事が多かったり、外食が続いたりすることで栄養のバランスが取れなかったり、髪に良い栄養素を十分に取ることができないと、AGAの原因になるといわれています。

●AGAの兆候

  • 髪質の変化を感じるようになった
  • 細くて短い髪の毛がよく抜けている
  • 毛が伸びない
  • 地肌が透けて見える
  • ボリュームが無くなってきたと感じ髪のセットがしづらくなった
  • 頭皮が脂っぽい
  • シャンプーの際に抜け毛が目立つようになった

ストレス・生活習慣

原因は男性ホルモンや生活習慣などで髪に十分な栄養が行き渡らないため抜け落ちていきます。
太くて丈夫な髪の毛が抜け落ちているのならいいのですが、髪が細くなったと感じた時には注意が必要と言えます。

髪に良い習慣

日々の生活の中で、できるだけ抜け毛を防ごうと思うとやはり一番大切なことは生活習慣になります。
日々、生活の中で髪の毛に良い習慣をつける事で髪も身体も健康になれます。
髪に良い事というのは様々な事がありますが重要なのは身体の血行を促進させる事です。
髪の毛を作る毛母細胞もそこに栄養を運ぶ頭皮の毛細血管も血行が悪い状態なら栄養もいき届かず健康な髪の毛も育ちません。
細胞の活性や血液の循環を良くするには身体が健康であるということが大事です
また、健康のために役に立つことは育毛・発毛のためにも役に立ちます。

髪に良い習慣

●ストレス

精神的負担が重なりストレスが強くなると全身に様々な症状が現れます。
また、血管を収縮し血行を低下させてしまいます。
脱毛もストレスが原因で起こります。
逆にストレスがたまらない状態というのは血行もよくなり食事などでの栄養の吸収率も高まります。
ストレスをためない為にも十分な睡眠時間やゆっくりお風呂に入る、適度な運動、趣味に没頭する時間を作り日々ストレス発散をする工夫を心がけましょう。

●睡眠

髪の毛にとって睡眠不足が良くないことは明白です。髪の育つ時間帯は22:00~02:00の間と言われていますのでそれまでにお風呂に入って清潔な髪の状態でその時間帯は睡眠にあてるのが良いでしょう。
忙しくてなかなかこの時間帯に睡眠をとれない人でも、最低6~7時間はしっかり熟睡できる環境を作りましょう。
十分な睡眠をとることは髪の毛にとっても大切なのです。

●食事

毎日、決まった時間に食事をとる方が身体への栄養の吸収率が高いとされています。
また、髪の毛はケラチンというたんぱく質からできている為、食事には大豆や魚などでたんぱく質を摂取し、たんぱく質の吸収を促進させるビタミンも一緒に摂取するのが良いとされています。その他には亜鉛などのミネラル類も髪の毛には欠かせない成分ですので効率よく食事で補うようにしましょう。
また、お酒の飲みすぎはたんぱく質を作る肝臓の機能が弱ることもありますので飲みすぎには注意が必要です。

●適度な運動

運動は全身の血行を良くし、身体機能を高め新陳代謝も活発にします。
血行が良いと頭皮の毛細血管まで栄養がしっかり行き届きますので、抜け毛を予防し育毛・発毛を促進させる効果が期待できます。
血液の流れをよくして細胞の新陳代謝を活発にし、細胞がいきいきとした体内環境にして抜け毛を予防し育毛・発毛を促進しましょう。また、適度な運動はストレスの解消にも繋がります。

●冷水療法

お風呂に入る前に水で濡らしたタオルを電子レンジで程好く暖め、それを数分間頭に巻きます、その後シャンプーしすすぎの時点でお湯と冷水を交互に数回かけます。
水と温水を交互にかける事によって、血管は収縮と拡張を繰り返します。繰り返しやる事で血行が良くなり頭皮の新陳代謝にとても効果があります。
季節によっては風邪を引いてしまいますので、その際は冷水ではなくぬるま湯でも大丈夫です。

●サウナ

汗をかくことで頭皮の油などの老廃物をとり毛穴の奥からきれいになるため抜け毛などの防止にも繋がります。
また、血行が促進し新陳代謝も活発になるため健康の為にもオススメです。
ただ、長時間などの過度の利用は控え適度な時間をサウナで汗をかくくらいがちょうど良く、気分転換によるストレス発散で抜け毛防止効果にも期待ができます。

毎日のヘアケア ~正しい髪の洗い方~

抜け毛を心配され、お風呂で余り髪を洗わないという方もいますが髪にとっては逆効果になります。
汗をかきやすい人、フケ症の人、脂性の方などは常に髪を清潔に保つ為にも毎日髪を洗う方がよいでしょう。
まず正しいシャンプーを選び、正しい頭の洗い方をする事により髪の健康を改善・促進させることにもつながります。
また、シャンプーは毎日する事だからこそ気をつけなければなりません。
正しいシャンプーの仕方により毛穴に詰まった余分な皮脂をきちんと洗い流し、合わせて頭皮のマッサージ効果により血行促進にもつながります。
また、育毛剤を使用される方にとっては正しい方法を知ることで育毛剤をより効率よく浸透させることにも繋がりますのでとても重要です。

毎日のヘアケア~正しい髪の洗い方

まず、シャンプーですが一般に売られているシャンプーやリンスのほとんどは合成界面活性剤を使用した合成シャンプーになります。
化学物質はコストが大変安いため低コストで大量生産が可能になります。
リンスやコンディショナーといった製品も同じく、髪がサラサラになりますが実際にはシリコンコーティング剤が配合されている効果によるもので、シリコンが髪にコートするだけで実際に髪のダメージを修復したり保湿するといった効果は得られません。
なので使用し続けることにより髪のダメージを進行させることになります。
抜け毛防止、または育毛を目的とした良質なシャンプーを選び、使用する事で髪質の健康を実感できるのでぜひご自身で体験してください。

次に正しいシャンプーのやり方ですが、シャンプーでは髪へ付着した不純物などを洗い流すのはもちろん、頭皮の余分な皮脂を洗い流すことも重要となります。

  • まず最初におよそ30~40度のシャワーのお湯で地肌をしっかり濡らし予洗いをします、この時にシャワーヘッドを地肌につけると十分に濡らすことができ、地肌をしっかり濡らすことでシャンプーの泡立ちも良くなりますので丁寧に洗い上げるようにしましょう。また、使用される水道水には塩素が含まれており髪を傷める可能性があるため気にされる方は市販の浄水シャワーヘッドを使用されるのがおすすめです。
  • シャンプーの量は基本1プッシュですが髪の長さにより適用量が異なりますので多すぎず少なすぎない量で調節するように心がけましょう。量が多いと洗い残しによるフケや痒み、抜け毛の原因にもなりかねないので注意が必要です。手のひらにとったシャンプーは良く泡立てた後、髪ではなく地肌に直接つけるようにしましょう。
  • 指先で頭皮全体をマッサージしながら地肌を洗っていきます。爪を立てたり力を入れ過ぎると地肌を傷つける原因になるため、指の柔らかい部分を使い適度な力を入れてマッサージしていきます。固い地肌を柔らかくさせるようなイメージで頭皮を揉みながらマッサージしていくと良いでしょう。
  • 洗い流す際は予洗いの時と同様にシャワーヘッドを地肌につけながら洗い流すと十分に洗髪できます。洗い残しがないよう、時間をかけてしっかり洗い流します。また、これを繰り返しシャンプーの2度洗いをされると1回目の洗髪で落としきれなかった汚れが落とせて髪をさらに清潔にさせます。
  • 濡れたままでいると、ちょっとした摩擦でも髪に負担をかけることになりますので、できるだけ早めに乾かしましょう。髪を傷めずに乾かすためには、まずタオルで水気を取るのがポイントです。ゴシゴシ強くあて過ぎたり、こすったりすると、髪を傷めてしまう原因になります。タオルを指で押し当てたり、軽くつまんだりして乾かしましょう。
  • タオルドライで乾かなかった場合は、濡れたままにせずドライヤーを使います。その際には、ドライヤーは髪から15cm以上離して動かしながらあてること。温度設定が高かったり一定の位置にあて続けると乾燥させすぎ頭皮や髪を傷つけるので注意してください。

正しいシャンプーの行い方

●発毛・育毛に欠かせないスカルプケアシャンプーはこちら

毎日のヘアケア ~頭皮マッサージ~

健康な髪を維持するためには、ます頭皮の血行をよくすることが第一です。
抜け毛を気にして、シャンプーを変えたり育毛剤を使う人は多いですが、頭皮の健康を考えてマッサージしている人は意外に少ないかもしれません。
いくら髪の毛のことを心配しても、そのベースになる頭皮の健康を先に確保しないと健康な髪は育ちませんし、髪の細さを悩むよりも頭皮ケアをしっかりすれば、太い髪の毛が生えてくるようにもなります。
毛髪をつくる毛母細胞は、毛乳頭に分布した毛細血管から吸収する栄養をもとにしているので、頭皮の血行がよくなると毛母細胞の働きは活発になり育毛に役立つだけではなく、頭皮マッサージにはリラックス・リフレッシュ効果もあります。
あまり力を入れすぎずリラックスしながら行うことが大切です。また空いた時間などで継続的に行うことが髪への健康維持にもなりますので心がけましょう。

毎日のヘアケア ~頭皮マッサージ~

●叩打法

※指の掌面を用いて指頭叩打する。
※手掌で叩打する。
※手掌をカップ状にくぼませ叩打する。
※開いた手掌の小指側で軽く叩打する。
※こぶしで叩打する。
強くなりすぎないよう反動をつけリズム良く行いましょう。

●圧迫法

頭皮を指先で軽くつまんでは離します。手掌・指先を密着させるようにし、なめらかなゆったりとしたテンポで行い連続した動きでマッサージしていきます。
圧迫法は無理に押しつけないように注意しながら行いましょう。

●揉捻法

指の腹で、頭全体を揺り動かします。 リンパの流れを良くし、 血行を促進させる効果があります。
生え際から頭頂部にかてけ、クルクルと円を描くように指先で揉んでいきます。

これらの頭皮マッサージを繰り返し行うことで頭皮が柔らかくなり血行も促進されます。入浴中に行うとさらに血行促進にもつながりオススメです。

●頭皮マッサージをより効率的に行うヘアケア商品はこちら

食事などで行うヘアケア ~髪によい成分とは?~

髪の毛や頭皮とは非常に繊細なものなので、偏った食事ばかりしていると髪に栄養が行き届かずその目で見て分かるくらい影響が出ることもあります。
例えばファーストフードやコンビニ弁当、スナック菓子、甘いジュースばかり摂っていると過剰な糖分や油分によりコレステロールが溜まり血行も悪くなり、抜け毛の原因になっていきます。
特に若い世代の方に多い傾向なので注意が必要です。食品添加物が多く入った食事ばかりしていると、髪にも身体にもよくありません。それを考えると日々の食生活などで髪の毛に良い成分をできるだけ効率よく摂りたいものです。
その他に髪の毛に良いとされている成分でもサプリメントでなければ摂るのが難しいものなどもあります。
普段の生活において好きなものばかりを食べがちですが、油や糖分の多いものはできるだけ控え健康な食生活を心がけるようにすると髪にも栄養がいきわたり健康な髪の毛が育ってくれます。

食事などで行うヘアケア ~髪によい成分とは?

髪の主成分はタンパク質です。例えば、多く含む食品として、肉、魚、卵、大豆、牛乳などが挙げられますが、そのタンパク質が髪の原料で、髪を生成するのに必要なのがヨウ素やビタミンになり、わかめ、ひじき、昆布などの海藻類がそれらにあたります。できるだけ野菜や果物などビタミンやミネラルを多く含むものをとるように心がけましょう。

  • ビタミンAを多く含む食品 -- レバー、にんじん、緑黄色野菜、卵、ミルク、黄色の果
  • ビタミンB群を多く含む食品 -- 玄米、豚肉、ミルク、レバー、チーズ、大豆、クルミ、卵、ピーナッツ、小麦胚芽
  • ビタミンEを多く含む食品 -- 大豆、ナッツ類、葉野菜、植物油、卵
  • ミネラルを多く含む食品 -- 豆類、プルーン、海老、海草、牡蠣、魚介類、牛赤身肉

~髪によい成分とは?~

●リジン

リジンは、カルシウムの吸収やコラーゲンの形成など、身体の成長や日々の修復に不可欠なもので、体内の窒素バランスを正しく保ち、免疫機能を高める働きもあります。
不足すると疲れやすくなり集中力が低下、めまい、吐き気、目の充血、貧血などが挙げられます。
また、ミノキシジルという育毛物質の効果を増加させる働きがあることも確認されていますので育毛剤との相乗効果が期待できる成分です。

●摂取方法

サバ、小麦胚芽、オートミール、そば、大豆、高野豆腐、納豆

●亜鉛(ジンク)

現代人に不足がちな成分と言われています。5αリダクターゼの活動を阻害する効果がありDHT(活性型男性ホルモン)の増加を防ぐと言われています。
また、有効に作用させるにはビタミンA、ビタミンB6、カルシウム、リンなどを一緒に摂ると体内への吸収率が高いとされています。

●摂取方法

肉や魚、穀物に多く含まれ、、 牡蠣、レバー、うなぎ、納豆、アーモンド等が多く含まれている。 亜鉛の吸収を阻害するものはカルシウム・食物繊維・タンニン・カフェイン・フィチン酸(豆類)・ポリリン酸等多の食品に含まれる成分である為、亜鉛は食間に服用することが勧められる。

●シリカ

肌の保湿、骨や髪、爪、コラーゲンの再生・構築・補強・維持を手助けしている必須ミネラル成分で体内にも微量に含まれています。
軟骨やコラーゲンなどの生成に密接な関係があるといわれ、シリカの欠乏によって骨の修復機能に障害が起こると言われています。

●摂取方法

通常はケイ素を多く含む食品を摂取する事で補える(玄米、あわ、ほうれん草、バナナ、レーズン)

●ビオチン

アミノ酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働きます。
アミノ酸はたんぱく質の材料であるため、ビオチンが不足してアミノ酸代謝が滞ると、毛髪などにも影響がでて、脱毛や白髪といった症状がでてきます。

●摂取方法

牛や豚の肝臓、いわしやさばの缶詰、ゆでた大豆などに多く含まれます。
卵黄にもたくさん含まれていますが、卵白に含まれるアビジンとよばれるたんぱく質がビオチンと結合するとその吸収を妨げてしまうので卵の摂りすぎは注意が必要です。

●フォーチ(ツルドクダミ)

タデ科ツルドクダミ属の植物で、生薬としては何首烏(かしゅう)の名で知られています。
中国の言い伝えによると摂取する事で、男性は若い頃の活力を取り戻し、受胎率が上がり、抜け毛 予防に効果があるそうです。
近年は、抜け毛や白髪などのトラブルに悩む、たくさんの方たちから支持されている成分です。

●摂取方法

サプリメント

●トコトリエノール

ビタミンEの一種です。ビタミンEには全部で8種類の成分があり、その中でも圧倒的に抗酸化力が高いと言われているのがトコトリエノールです。
健康や美容などの効果が期待できる他、毛髪への臨床実験では髪の太さ、濃さの改善が見られています。

●摂取方法

大豆油、綿実油、ピーナッツ、アーモンド、カボチャ、ホウレン草、うなぎ、青魚

●葉酸

ビタミンMの一種です。「水溶性なので熱を加えると失われる」、「体内での吸収率が約50%と低い」「体内で蓄積されない」という特徴があります。
また、お酒をたくさん飲む人は欠乏しやすくなります。過剰症というほどのことは起こりませんが大量に摂取しすぎると今度は亜鉛の吸収が悪くなることが知られています。
葉酸には抜け毛防止の効果があると言われています。

●摂取方法

レバー、焼き海苔、ホウレン草、ブロッコリー、アボガド、イチゴ、大豆、煎茶葉

●ノコギリヤシ(ソーパルメット)

北アメリカ原産のヤシ科の植物。中国では古くから効能が知られており、治療薬(漢方)として利用されてきました。
男性ホルモンを変化させる酵素の発生を抑え、抜け毛や薄毛の原因となる物質の発生を阻害します。
その結果、髪や頭皮の健康状態を改善し、発毛や育毛に効果を発揮します。亜鉛と一緒に摂取するのが効果的です。

●摂取方法

サプリメント

薄毛・抜け毛・AGA 対策は国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!