> 特集一覧 > 男性ホルモン 特集

高めるとモテモテに!?たくましい身体づくり、男性力を上げる男性ホルモンを徹底研究!

男性ホルモン特集

男性ホルモン特集

男性ホルモンとは?

男性ホルモンの一種であるテストステロン、このテストステロンが男性ホルモンの代表ホルモンとして一般的によく知られています。

実はこのテストステロン、別名モテモテホルモンと言われていることをご存知でしょうか。 なぜ、男性ホルモンのテストステロンがモテに関係するかというと、テストステロンが多く分泌されている男性に、女性は本能的に魅力を感じてしまうからです。

女性は、「より優秀な遺伝子を選び抜き、強い男性のそばで子供を育てたい」という本能が備わっています。そのため、男性ホルモンの量が多い男性を優秀で魅力のある人と判断するのです。 そこまでイケメンじゃないのに、女性の影が次から次へと途切れない、そんな男性が周りにいませんか。もしかすると、それは男性ホルモンが溢れ出ているからかもしれません。

でも、男性ホルモンが多く出ているか自分ではわかりませんよね。 男性の場合、テストステロンは約95%が睾丸(精巣)の中で、残り5%が腎臓のそばにある副腎で合成されて体内に分泌されています。 しかし、悲しいことにテストステロンの分泌量は20代をピークにその後どんどん衰えていきます。
  • 毎日ジムに行っているのに、昔ほど筋肉が育たない
  • 夜の生活が最近思ったようにいかない
  • そもそも性欲がわかない
  • バイタリティがない などなど

男性ホルモンとは

前の自分からは想像もできないような変化が起こっていませんか。それは、テストステロンの分泌が少なくなっている証拠です。

テストステロン分泌が下がる=オスとしての性的魅力が半減する!そう言っても過言ではありません。このままでは、性的機能衰弱へまっしぐらです。 しかし逆を言えば、テストステロンの分泌を増やすことで、年齢を重ねてもいつまでも筋肉たくましい若々しいBodyと男性としての魅力を手に入れられるのです。

大人気の男性ホルモン配合OTC医薬品

  • 内服用の男性ホルモン剤【第1類】

    「プリズマホルモン錠 60錠」は、内服用の男性ホルモン剤です。男性は中高年になると、男性ホルモンが減少して精力や体力が衰えてきます。本品は、男性ホルモンを補充していくことによって、男性の更年期障害ともいえる精力減退症、性欲減退症、不感症、不眠症などを改善します。医薬品。

  • 男性ホルモンの補充に 【第1類】

    「グローミン 10g」は、有効成分として男性ホルモンであるテストステロンを配合した男性ホルモン剤です。テストステロンの分泌は、男性の場合、一般的に第二次性徴期から急上昇した後、30歳頃まで旺盛ですが、その後は加齢とともに衰えて、40歳代後半から顕著に減少します。男性更年期や初老期のうつなど、性機能の衰えに代表される諸症状の発現は、この頃から多くなります。また、加齢が原因だけでなく、ストレスなどが原因で急激に分泌が衰えることもあります。本品は、男性ホルモンの分泌不足を皮膚から補充して、分泌不足にともなう勃起不全などの諸症状の改善を期待できます。 伸びもよく、塗り心地のよい低刺激な基剤を使用し、香料は無添加です。デリケートな部分に安心してお使いいただけます。 勃起力減退、陰萎、性欲欠乏、遺精、早漏、睾丸欠落症、先天性睾丸発育不全、脳下垂体性腺ホルモンが無効の潜伏睾丸などにご使用ください。

  • 第1類

    「金蛇精 120錠」は、男性の更年期に不足してくる男性ホルモン(メチルテストステロン)、体力を補強するための動物性・植物性生薬(ハンピ末、カシュウ末、インヨウカク末など)、そして大切なビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2等)を配合した男子強壮保健薬です。 精力減退や性欲欠乏・性感減退・勃起力減退などの男性機能低下を補うとともに、更年期移行における視力減退・記憶力減退・全身倦怠を改善します。 ※パッケージがリニューアルしております。

  • 高配合20mg!男性ホルモン配合軟膏剤【第1類】

    「オットピンS」は、絶倫動物オットセイの皮下脂肪から抽出したオットセイ油を配合し、男性ホルモンの配合量は他社類似品の2倍量を配合しています。 男性ホルモンの分泌不足や作用低下が起こると、男性の性機能に衰えが現れます。オットピンSには配合されたテストステロンは局所粘膜からの吸収率が高く、軟膏剤を直接、睾丸に塗ることで勃起力不全や早漏の性機能障害、頭痛、倦怠、記憶力減退の更年期障害などの改善。 男性ホルモンと、自然界でオットセイからしか取れない上質なオットセイオイルの効果で精力増強を実現します。

一目瞭然!あなたは生まれつきテストステロンが溢れているタイプ?

まずは、生まれつきテストステロンの分泌が多いか少ないか、簡単チェックで調べてみましょう。ご自身の手(利き手)の人差し指と薬指の長さを比べてみてください。 さて、どちらが長いでしょうか?
  • 薬指が人差し指より長かった人・・・男タイプ!男性ホルモン濃度が生まれつき高めの方
  • 人差し指が薬指より長かった人・・・女タイプ!男性ホルモン濃度が生まれつき低めの方
一目瞭然!あなたは生まれつきテストステロンが溢れているタイプ?
なぜ、指の長さを見ただけでタイプがわかってしまうのでしょうか。 私たちは母親の胎内で、男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンのエストロゲンを浴びるのですが、この時、薬指の成長にはテストステロンの影響を、人差し指はエストロゲンの影響を受けます。
そのため、2つの指の長さを見比べれば胎内でどちらのホルモンを多く浴びたかがすぐにわかってしまうのです。 指の長さの比は生まれてからほとんど変わらないそうです。 この指の長さは、体つきや男性脳・女性脳タイプ、病気のなりやすさなどにも関係していると言われています。今後、さらに研究が進むことにより2本の指でその人の性格や遺伝子がわかってしまうなんて未来が来てしまうかもしれません。

しかし、この判定方法では人間は「2タイプ」にしか分類されません。人によって個人差もありますので、あくまで1つの判断方法として参考にしてみてください。

人差し指が長かったといってショックを受けている方はいませんか。 その必要はありません!普段の生活を見直して、テストステロンの分泌量をアップさせ、周りに差をつけちゃいましょう。