海外医薬品

海外医薬品 避妊

モーニングアフターピルは、計画外の妊娠(望まない妊娠)を避けるための、アフターピル・事後避妊薬・緊急避妊薬です。
「運悪く、コンドームが破れてしまった」そんな時、望まない妊娠を避けるために用いる薬です。
ホルモン剤を飲むことによって、受精卵の着床を防ぎ、 欧米では広く知られている方法です。
普段コンドームを使っているならば、いざというときのために手元にストックしておくのも一つの考え方です。
しかし、あくまでも"緊急避妊法"であり、最後の手段です。
女性の体に負担のかからない、より確実な避妊法として低用量ピルをおすすめします。

日本ではモーニングアフターピルそのものは未承認で取り扱いがないがなく、個人輸入代行を利用した入手が主流となります。

海外医薬品 うつ病

いわゆる「うつ病」「うつ状態」は、脳内における神経伝達物質モノアミンの代謝不全による脳の機能不全、 中でもセロトニンの代謝不全による脳の機能不全状態が主要な症状の進展に大きな関わりを持っていると考えられており(セロトニン仮説)、 その仮説に基づき、「うつ病」「うつ状態」の治療にはセロトニン代謝をコントロールするための薬物を第一選択的に用いる事が主流となっています。
一般的に、抗うつ薬は副作用が生じるなどの理由がない限り徐々に増やし、効果を確認しながら最大用量まで用います。
また、適切に治療を行っても症状の改善や寛解-安定状態が実現せず、難治性となることもあります。

おおまかに、現代の抗うつ薬におけるうつ症状改善率は70~80%程度と言われております。
薬物により、モノアミン類他各種の神経伝達物質それぞれに対する効果の割合が異なっているため、 個人差や「うつ病」の様々な症状のバラエティによって治療効果や副作用の出方には幅がありますが、平均してみれば、 最終的な抗うつ効果としてはどの薬物も大差はない(現状、単独の特効薬は無い)と考えられおります。
殆どの抗うつ薬は、服薬を開始してから2週間程度は経たなければ本来の効果が発現しないとされ、 これは、抗うつ薬の抗うつ作用は、神経間隙におけるモノアミン量を単純に増やすことによるものではなく、 モノアミン量の変化によるシナプス後レセプターの密度や感受性の変化など、 二次的なものが大きく関わっているからとも推測されております。

海外医薬品 糖尿病

糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病名です。
ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、
これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を越えている場合を糖尿病といいます。
糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な傷害を及ぼす可能性があり、 糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにあります。

海外医薬品 ホワイトニング(歯)

歯を明るくするホワイトニング ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯を明るくし、歯を白くする技術です。
1989年にアメリカで実用化されたものです。
ホワイトニングはかつては歯を削ってセラミックをかぶせたり、差し歯にすることでしか歯を白くできなかったのですが、ホワイトニングの技術で自分の歯を白くすることが可能になりました。 ホワイトニングには、大きく分けると2つの方法があります。
ホワイトニング剤を表面に塗り、ハロゲンライトなどを当てて歯の中にある色素を分解するオフィスホワイトニングと、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れて白くするホームホワイトニングがあります。
ホワイトニングには個人差がある? ホワイトニングの効果には個人差があると言われています。
もともと歯の色が濃い人や、変色してしまっている人は、ホワイトニングの効果が出にくいと言われています。
また、虫歯の治療などで歯が黒く変色してしまっている人や人工の歯にはホワイトニングは施せません。
コーヒーや赤ワイン、タバコ、カレーなど色の濃い食べ物を好む人はホワイトニングをした後、色の後戻りが早く起こる可能性もあります。

海外医薬品 スキンケア(トレチノイン療法)

主にしみ、にきび、小じわ、肌質の改善に効果が高い治療法です。
アメリカではにきびに保険適応がある薬剤で標準的な治療法ですが、日本ではまだ保険が使えないので自費診療になります。
トレチノインはビタミンAの誘導体で、皮膚に塗布すると表皮細胞の生まれ変わるスピードが早まります。
生まれ変わるペースが通常の6週間から2~3週間に短縮するので、 表皮内に蓄積されたメラニンが早く排泄されるようになってしみがうすくなっていきます。
治療開始から4~5日経つと、皮膚がむけて赤みがでてきますが、続けていくと4週間程度で反応が落ち着いてきます。
トレチノイン自体は人間の血液中にごく微量に流れているものですから、アレルギー反応を起こすことはなく、 お化粧やスキンケアも通常通りしていただけます。
ただし、 紫外線には十分な注意が必要です。
トレチノインを使用していると、しみやにきびの改善のほかにも、 肌につやが出てくることが実感できます。
実際の治療でも、「しみの上に塗っていたけど、皮膚がきれいになるので頬全体に塗り広げてもいいですか?」と聞かれることも多いです。
表皮細胞の代謝が早い肌のわかりやすい例が、子供です。 子供の肌は、たいしたお手入れをしなくてもきれいですよね。 成長ホルモンの影響で、肌がどんどん新しい細胞に入れかわっているわけです。
また、トレチノインは表皮でヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高めるうえ、真皮でコラーゲンを増やす作用がありますので、小じわや肌の張りも改善することができます。 トレチノイン療法は、にきびやしみの治療だけでなく、肌質全体を改善する、まさにアンチエイジング治療なのです。

海外医薬品 禁煙

1.禁煙補助薬

タバコを止めると、このニコチンが体に入らなくなるわけですから、体や気持ちがニコチンを欲して、禁断症状といわれる状況になることがあります。
例えば、イライラしたり、集中できなくなったり、手が震えたりなどがあげられます。 禁煙補助薬は、その中にニコチンが含まれています。
そのため、禁煙中に下がる体内のニコチン量を少し補充して、ニコチンによる禁断症状を緩和するようにはたらきます。

2.チャンピックス

禁煙補助薬として発売されている貼るタイプの薬(禁煙パッチ「ニコチネル」)や、ニコチンのガム(「ニコレット」)は、ニコチンを含んでおり、禁煙でニコチンの離脱症状が生じるのを和らげて禁煙を助けます。
一方、チャンピックス錠には、ニコチンはまったく含まれておらず、これまでの禁煙補助薬とは異なります。
チャンピックス錠は、タバコを吸いたいという気持ちを抑えたり、禁煙によるニコチンの離脱症状を軽減します。
また、チャンピックス錠を服用中に喫煙すると、タバコから得られる満足感が抑制されます。
その作用を詳しくご紹介すると、喫煙行動は、脳内のα4β2ニコチン受容体が関係し、ここにニコチンが少なくなると、 ニコチンが欲しくなりタバコを吸いたくなります。
チャンピックス錠はこの脳内にあるα4β2ニコチン受容体にニコチンの代わりにくっつき(作動薬としてはたらき)タバコの離脱症状を軽減します。
また、服用中、タバコを吸ってニコチンを体内に入れた場合、チャンピックス錠はα4β2ニコチン受容体にくっつき(拮抗薬として働き)ニコチンがくっつかないようにして、
タバコを吸ってもあまり満足感が得られなくなります。 (このように、この薬は、α4β2ニコチン受容体の作動薬であり拮抗薬でもあります。)

海外医薬品 抗菌・抗生物質

抗生物質とは、病気の原因となっている菌を殺すか、または、これ以上菌を増殖させないことによって病気を治療するための薬です。
抗生物質の効き目は絶大ですが、長期にわたって使用すると効き目が悪くなる傾向にあります。
また、下痢などの副作用を伴うことが多く、服用する上で注意が必要です。

海外医薬品を激安で通販!海外医薬品を買うなら国内商品・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!