オルニチン特集

オルニチンについて

「オルニチン」といえば、しじみに多く含まれる成分として有名です。飲み過ぎた日の翌朝は“しじみの味噌汁が良い!”とは、昔から有名な話ですよね。では、なぜしじみの味噌汁が良いとされるのか、気になりませんか? それは、しじみに含まれる「オルニチン」が肝臓へ働きかけ、二日酔い改善をサポートしてくれるからです。 ここでは、二日酔いに効果的である「オルニチン」についてご紹介していきます。 また、「オルニチン」は二日酔いサポート以外にも、成長ホルモンをサポートする働きもあり、すごく働き者な成分なのです。

オルニチンとは?

オルニチンと言われても、ちょっと変わった名前だと感じる方もいることでしょう。一度聞いたら、なかなか耳から離れない名前ですよね。そんなオルニチンって、いったいどんな成分なのでしょうか。

オルニチンはアミノ酸の一種!

オルニチンは、尿素回路を構成する物質で、アルギニンと水の反応によって生成されるアミノ酸です。 アミノ酸といえば、たんぱく質の元となる成分として有名ですが、オルニチンは遊離アミノ酸で、たんぱく質にはならず、オルニチン単体として体内を巡っています。

遊離アミノ酸とは?

遊離アミノ酸は、肝臓や筋肉、血液の中に存在しています(シトルリンも遊離アミノ酸の一種)。 体内のどこかでアミノ酸が足りない時、血中の遊離アミノ酸が取り入れられ、タンパク質の材料になります。また、どこかの組織で遊離アミノ酸が多くなりすぎた場合は、血中にアミノ酸を放すなどして、アミノ酸量の過不足状況に合わせて素早くカバーします。 つまり、直接的にはたんぱく質に変化する成分ではないが、体内のアミノ酸量に合わせて、タンパク質へと変化することができる成分なのです。

オルニチンの効能

オルニチンの主な効能は、肝臓の働きを高める作用と、成長ホルモンを誘導する作用です。 肝機能を高める効能については、オルニチンサイクルというものが有名です。この働きから、オルニチンが二日酔い対策として効果的であるとされています。 もう一つの働きは、成長ホルモン誘導する効能です。成長ホルモンを誘導?と言われても、ピンとこないことでしょう。この成長ホルモンへの働きについては、後ほど詳しくご説明します。

肝機能が喜ぶ!オルニチンサイクルとは?

肝機能が喜ぶ!オルニチンサイクルとは?

二日酔い対策に!!

オルニチンは、オルニチンサイクル(肝臓の細胞内のアンモニアを解毒する代謝経路)の一部を構成し、肝臓の働きには欠かせない大切な成分です。 オルニチンサイクルの働きを活発にすることで、ミトコンドリアの活動をスムーズにする働きがあり、肝臓全体の機能を保つと考えられています。 例えば、大量のアルコールを摂取すると、肝機能が低下し、アルコール(アセトアルデヒド)の分解が追いつかず、吐き気、頭痛等の二日酔いの症状を引き起こします。お酒好きの方なら、きっと誰しもが経験したことのあるこの二日酔いは、肝機能のアルコール分解が追い付かないことが原因にあります。 そのため、アルコール分解が苦手な方、飲み会続きで肝臓が弱り気味の方は、オルニチンを摂取し、肝臓の機能を高めて二日酔い予防や、二日酔い軽減を期待したいですね。

疲労回復に!!

肝機能を高めることは、体内のアンモニアを除去する働きが活発になるので、エネルギー生産を円滑にします。エネルギー生産を円滑にすることで、疲労の回復を促進させ、日常の中で感じる疲労を抑える効果が期待されます。 つまり、肝臓の働きをよくすることは、体全体の働きを良くすることにも繋がります。

若々しさに欠かせません!成長ホルモンって?

オルニチンは、肝機能の正常化以外にも、成長ホルモン誘導体としての働きもあります。 成長ホルモンとは、代謝促進、筋肉、骨を成長させる働きをします。思春期を最後に、成長ホルモンの分泌量は年々減少していくのが特徴です。 なんだか最近、太りやすくなった、お肌にハリがなくなった、髪が薄くなった感じられる方は、もしかしたら成長ホルモンの減少が原因にあるかもしれません。そんな時は、オルニチンを摂取し、成長ホルモン分泌増加を期待しましょう!また、成長ホルモンですが、睡眠中に最も分泌されます。オルニチン摂取でホルモン分泌を高めたい場合は、睡眠前にサプリメントを摂取すると良いでしょう。

サプリメント商品紹介

  • アルギニンとオルニチンをベストバランスで配合

    人気の2種類のアミノ酸、アルギニンとオルニチンを2:1のベストバランスで配合されたサプリメントです。
    アルギニン&オルニチンは、脂肪をエネルギーに変え、代謝を促し筋肉の強化をサポートする効果があるとされていることから、ダイエット中の方やアスリートの筋力アップに人気が高まっています。
    また、オルニチンは肝臓に良いアミノ酸で肝機能のサポートもしてくれるアミノ酸です。
    植物性成分のみ、グルテンフリー、アレルゲンフリー。 [使用方法] 栄養補助食品として、1カプセルを1日1~3回、お召し上がりください。

  • 引き締まったボディバランスが求められる、 アスリートに人気のアミノ酸サプリメント「Lオルニチン 667mg」。

オルニチンを摂る!

オルニチンが多く含まれる食品

オルニチンが多く含まれる食品
食べ物からオルニチンを摂るなら、「しじみ」がおすすめです。しじみ100gあたり、オルニチン10~15mg含まれています(およそ100gは、30~35個)。 シジミ以外では、マグロが100gあたり2~7mg(100gは、およそ刺身7~8切れ)、えのきだけが100gあたり約12mgのオルニチンが含まれています。 ちなみに、毎日摂取したいオルニチンの目安量は400mg~1000mgと言われています。オルニチンが含まれている「しじみ」でさせ、毎日3㎏食べても足りるか足りないか、という計算になります。
そんな時は、サプリメントを活用しましょう!! 何事も、継続が大切です!

オルニチンの副作用

報告されている副作用について

オルニチンの副作用については、医療機関などからは特別な報告はされていません。オル二リチンの摂取にあたり、制限量なども設けられていません。制限量がないため、生活習慣や体調に合わせ、摂取量を調整することができる成分です。 ただし、いくら副作用がないからとはいえ、はじめて摂取する場合は、少量から開始し、様子をみながら徐々に摂取量を増やす等し、ご自身の体に合った量を把握することができます。 しかし、いくらオルニチンは副作用が報告されていないからとはいえ、摂取後に体調が優れない場合は、すみやかに服用を中止し、お近くの医療機関へご相談ください。

サプリメントを大量摂取する

オルニチンに限らず、どのサプリメントにも共通することですが、大量に摂取すると、消化器官に負担をかけてしまい、腹痛、吐き気といった症状が現れることがあります。 せっかく健康のためにサプリメントを摂取するのですから、体の負担がないようにしたいものです。

サプリメント商品紹介

  • アルギニンとオルニチンをベストバランスで配合

    人気の2種類のアミノ酸、アルギニンとオルニチンを2:1のベストバランスで配合されたサプリメントです。
    アルギニン&オルニチンは、脂肪をエネルギーに変え、代謝を促し筋肉の強化をサポートする効果があるとされていることから、ダイエット中の方やアスリートの筋力アップに人気が高まっています。
    また、オルニチンは肝臓に良いアミノ酸で肝機能のサポートもしてくれるアミノ酸です。
    植物性成分のみ、グルテンフリー、アレルゲンフリー。 [使用方法] 栄養補助食品として、1カプセルを1日1~3回、お召し上がりください。

  • 引き締まったボディバランスが求められる、 アスリートに人気のアミノ酸サプリメント「Lオルニチン 667mg」。