骨粗しょう症特集

骨粗しょう症とは

骨密度が低下し、骨折しやすくなる病気です。
閉経後の女性や高齢者に多く見られ、日本では、急激な高齢化に伴って約1300万人の患者がいると推定されています。
骨粗しょう症は、生命に直接影響する病気ではありません。
しかし放置すると、症状は自覚なく進行し、日常活動の制限・激しい痛み・骨折の不安などにより、生活の質が低下してしまいます。
骨折して寝たきりになることを防ぐためにも、適切な治療を行う必要があります。
ちょっとした兆候でも、老化のせいにせず骨粗しょう症をうたがいましょう。早期にきちんと治療を受ければ、骨折せず活動的に過ごすことができます。

なぜ骨密度が低下してしまうのか

骨はつねに、壊すと造るを繰り返しています。
破骨細胞が古い骨を壊し(=骨吸収)、骨芽細胞が新しい骨を造ります(=骨形成)。
ところが、何らかの原因でバランスが崩れ、骨吸収の速度が骨形成の速度を上回ると、骨の量が減ってしまいます。

骨粗しょう症の症状

骨粗しょう症になると、ちょっとした衝撃で骨折しやすくなります。例えば、せきをした際や布団の上げ下ろしの際に骨折してしまいます。(このように、骨粗しょう症のために少しの衝撃で骨折することを、「脆弱性骨折」と言います。)

●初期段階

自覚症状はありませんが骨がもろくなっているため、転んだはずみに骨折することがあります。

●進行期

(疼痛)安静時、活動時を問わず体に疼痛を感じます。
(骨折)骨折しやすい部位として、太ももの付け根、脊椎、肩、手首、肋骨があります。
(脊椎変形に伴う症状)体のバランスが不安定になり、転びやすくなります。前傾姿勢のため、腹部の膨張感、胸焼け、息切れなどの消化器・呼吸器の症状が出ることがあります。

原因

ひと口に骨粗しょう症と言っても、いくつかの異なる原因が知られています。

【原発性骨粗しょう症】
加齢が基本的要因です。性ホルモンの低下や、骨の形成に必要なカルシウム・ビタミンD・ビタミンKが不足して骨がもろくなります。エストロゲンが減少した閉経後の女性に多いのもこのタイプです。
【続発性骨粗しょう症】
病気や薬が原因となって骨の強度が低下します。原因となる病気は、内分泌疾患や栄養障害など様々です。
薬については、ステロイドやその他の薬の長期服用によって骨粗しょう症が引き起こされます。
【生活習慣病関連骨粗しょう症】
食生活や運動不足などの生活習慣が原因で、骨質が劣化します。骨質が悪いと、骨密度が高くても骨折することがあります。

食生活や運動不足などの生活習慣が原因で、骨質が劣化します。

こんな人は要注意!

  • 高齢
  • 女性(特に閉経後の女性)
  • 家族に、骨粗しょう症で骨折した人がいる
  • ステロイドを使用している
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 最近、立ち上がる際や重い荷物を持つ際に腰が痛い
  • 背中を下にして眠りにくい
  • ちょっとした衝撃で骨折した
  • 身長が縮んだ
  • 背中や腰が曲がってきた

こんな人は要注意

検査方法

では、骨粗しょう症を疑った場合にはどうすればよいのでしょうか。
まず、骨粗しょう症を診てもらえる整形外科・内科・婦人科・外科のいずれかに行きましょう。(痛みがある場合には整形外科へ)
検査方法はいくつかありますが、いずれも痛みを感じず10分ほどで終わる簡単な検査です。

●DXA(デキサ)法

エネルギーの低い2種類のX線を使って、全身のほとんどの骨を測ります。特に、腰や太ももの付け根の骨密度を正確に測れます。

●超音波法

かかとやすねに超音波を当てて計測します。

●MD(エムディ)法

X線を使って手の骨とアルミニウムの濃度を比べます。

●レントゲン検査

骨粗しょう症と他の病気を区別するためにも有効な検査です。

●血液検査・尿検査

骨代謝マーカーにより、骨の新陳代謝のスピードを測ります。

骨粗しょう症の治療法

骨粗しょう症の治療では、主に1.食事療法 2.運動療法(+日光浴) 3.薬物療法を行います。

●食事療法

1.食事療法のポイントは、骨密度を増加させる栄養素を多く取り入れることです。
カルシウム、ビタミンD、ビタミンKを積極的に摂りましょう。
特にカルシウムとビタミンDは、組み合わせて摂取することで吸収率が増します。
食事量が少なくなりがちな高齢の方は、タンパク質の摂取量を減らさないように注意してください。

【カルシウムを多く含む食材】 牛乳、乳製品、魚介類、青菜類、大豆製品など
【ビタミンDを多く含む食材】 魚介類、卵類、きのこ類など
【ビタミンKを多く含む食材】 納豆、青菜類、キャベツ、レタスなど

骨粗しょう症の治療法

●運動療法(+日光浴)

2.運動療法に、激しい運動は必要ありません。骨に適度な負荷をかければ良いので、軽い脚上げ運動や、家事をこまめに行うだけでも効果があります。 屋外で運動して日光に当たると、皮膚から体内へのビタミンD産生を促します。

●薬物療法

3.薬物療法には、様々な薬が用いられます。 活性型ビタミンD3製剤、ビタミンK2製剤、女性ホルモン製剤(エストロゲン)、ビスフォスフォネート製剤、・SERM(サーム:塩酸ラロキシフェン)、カルシトニン製剤(注射薬)、骨形成促進薬/テリパラチド(副甲状腺ホルモン)」など

骨粗しょう症を防ぐには

栄養バランスを考えた食事を1日3度食べましょう。 牛乳、チーズ、ヨーグルト、豆腐から1日2品食べましょう。 タバコは骨粗しょう症の原因の一つです。なるべく禁煙しましょう。

骨粗しょう症予備軍

無理なダイエットにより、カルシウムが十分に摂取できない・ホルモンのバランスが崩れた場合、若くても骨粗しょう症になる可能性があります。

オススメ商品

骨粗しょう症対策商品を激安で通販!骨粗しょう症対策商品を買うなら国内商品・ジェネリック医薬品・育毛剤ののアイドラッグストアーで決まり!