> 特集一覧 > ペットを飼うメリット・デメリット特集
ペットを飼うメリット・デメリット特集

全国の犬・猫の飼育数は合わせて約2000万頭といわれており、子どもが成長するにつれてペットを飼う家庭は年々増えています。
人になつく犬や猫は家の中でも飼え、愛着を感じ家族の一員として一緒に生活をするご家族が増えています。
また、高齢者の家庭にペットを推奨するという働きなどもあり様々な世代の人たちに影響を与えてる大切な存在となりつつあります。

犬や猫と人のつながり

犬が人間と暮らすようになってからの歴史は長く、古くは狩猟犬や牧羊犬、警察犬や盲導犬、災害救助犬といった様々な種類があります。
仕事上、信頼のパートナーとしても重要な地位を得ています。
猫はもともと倉庫番としてネズミから食物を守るために人と生活を共にしてきましたが愛玩としても愛されてきました。
犬と猫は昔から人々の生活で密接に関わってきた特別な動物といえます。

メリット

犬や猫に限らず動物を飼うと良い事が沢山あり、動物の仕草や存在で心が癒され健康的な生活が送れる様にもなります。
また、ペットのいる生活により家族と一緒の時間も自然に増え、気持ちが通じ合える事もメリットです。
健康面では犬を飼っている家庭の子供はそうでない家庭の子供よりも免疫力が高いといった結果も出ているようです。

☆楽しいこと

  • 自然に触れ合う機会が増え一緒に遊ぶ事で運動にもなる
  • 世話をするため生活にリズム感が生じた
  • 家に帰るのが楽しみ、家にいる時間が増える
  • 家族共通の話題として盛り上がれるようになる
  • 核家族化している昨今、子供にとっては兄弟ができたみたい
  • ペットを通じて友人が出来る

ペットと暮らす生活

☆癒される

  • 仕草がかわいく心穏やかにしてくれる
  • 甘える姿がかわいい
  • つらい時悲しい時にそばにいてくれる
  • 出迎えてくれる存在がとても愛おしい
  • 子供ができたようでかわいい
  • 寄り添っていてくれる、喜んでくれる

ペットを飼う理由

ペットを飼う、あるいは飼いたくても飼えない、または飼う意思がないなど、ペットへの姿勢は人それぞれだが、ペットを飼うにはそれなりの理由があります。

☆ペットを飼う理由

  • 子供が欲しかった
  • 動物が好きだから
  • 子供の成長や教育に良い
  • 生きがいが増える
  • 防犯に役に立つ
  • 孤独感やさみしさがまぎれる


  • ペットを飼う事で好きな動物がいつも自分の身近にいることで、心の和みを実感できるようです。
    ストレスの多い現代社会では何かに救いを求めた時にペットの存在はとても大きな支えとなります。

ペットを飼う理由

ペットを飼わない理由

ペットを飼う事により多くのメリットを感じる分、飼わないとしている理由は以下のようなものがあげられる。

☆飼わない理由

  • 時間がない
  • 住宅理由により難しい
  • 死んだらかわいそう
  • 世話ができない
  • お金がかかる
  • 家が汚れる

飼わない理由はいくつもありますが一番多いのが「死んだらかわいそう」という回答です。 家族同様に時を過ごし楽しい思い出も多くなればなるほど死と直面した際は悲しくなります。 また、ペットを飼ったことがない人ほどデメリットばかりが思いついて飼う事を躊躇してしまうそうです。

ペットと赤ちゃん

赤ちゃんや小さな子供にとって身近にペットがいる事で成長や健康に様々な変化があります。
ペットを飼っていない人なら犬や猫が赤ちゃんの顔などを舐めると嫌な気持ちになるかもしれません。 しかし、室内で飼ってる清潔な犬や猫は病気になるような菌はそうそう持っておらず、ペットを飼っている赤ちゃんの方が免疫力が強いともいわれます。 一緒に暮らす事で、ペットが赤ちゃんを家族の大切な存在と認知すると守ってくれる様にもなるそうです、兄弟や親の気持ちになるのかもしれませんね。

お留守番させる時

ペットを飼ったことがない方は、もしも飼った時に留守番させるのが心配、大変だと考えてしまいます。 一人暮らしや共働きでペットを飼っている方は昼間、一緒にいれないので、お留守番させているご家庭も多いのが現状です。 多くのペットは飼い主さんが大好きなので少しの時間も飼い主さんから離れたくありません。ではお留守番をしている時は何をしているのでしょうか?

犬や猫の場合、お留守番の大半を寝て過ごす事が多いようです。犬の場合は朝に散歩に連れて行き しっかりご飯を食べさせてあげると、ほぼ寝ながら一日のんびり過ごしているようです。 猫の場合も昼間は陽が差し込む窓辺に行って遊んだりグルーミングしたり、昼寝をしたり、 陽が落ちてくると食事したり水を飲んだり、トイレに行ったり、お気に入りの場所でまた寝るといった事を繰り返し夜になります。

平日になかなか一緒にいれなくても、常に健康管理のチェックを怠らない様心がけることも大切です。

ペットと暮らす

日常生活においてペットの存在が単なる愛玩動物以上の重要な役割を担ってることが良くわかります。
愛情をもってペットと過ごすことにより規則的な生活のリズムになり、自身の健康にもつながります。
ストレス社会といわれる現代では知らず知らずストレスを溜め込みそれが体に悪影響を及ぼします。
ご家族で飼われる場合にも、ペットが子供の様な存在になり家族の絆も深まるでしょう。
ペットに癒され、共に生活することでペットから学ぶことも多くあり、日々を若々しく過ごし身の回りや自分自身にもたくさんのメリットがあるといえます。

ペットと暮らす

オススメ商品

ペット商品を激安で通販!ペット商品を買うなら国内商品・ジェネリック医薬品・育毛剤のアイドラッグストアーで決まり!