いびき特集

気になるいびき、体からのシグナル

いびきは、だれでもかきます。とはいえ、自分が大きな音のするいびきをかいていると知ったら、ちょっと悩みますよね。家族にうるさいと言われるのがショック…恋人に指摘されて恥ずかしい…なんて人も。
風邪をひいたとき、疲れているとき、お酒を飲んだときなどは、いびきをかきやすくなります。 こうした一時的ないびきは心配ありませんが、慢性的ないびきは健康面や日常生活に支障をきたします。深刻な病気が潜んでいる可能性もあり、たかがいびきと言って軽く考えては取り返しの付かないことになります。
ちょっとの工夫で改善されることもあります。自分のために、大切な人のために、いびきについて知っていきましょう。

いびきの正体

呼吸をするときに空気の通る、鼻やのどの部分を「上気道」といいます。いびきの主な原因は、寝る体勢などによってこの上気道が狭くなること。とくに上あごの奥(=軟口蓋後壁部)や舌のつけ根(=舌根部)がふさがりやすくなります。
そうなると息苦しくなって強く呼吸をするので、のどちんこ(=口蓋垂)などが振動します。この振動音が「いびき」です。

いびきをかきやすい人

●見た目の特徴

【太っている、あごが小さい、首が太くて短い、舌が大きい、のどちんこが長い、鼻中隔湾曲症etc…】
口・鼻・ノドなど、空気の通り道がポイント!これらの原因によって上気道が狭くなってしまい、いびきをかきやすくなります。肥満はいびきの最大の原因と言われます。


●生活習慣

【肥満、仰向けで寝る、口呼吸の習慣がある、鼻づまりなど鼻に症状がある、アルコールを摂取する、強い疲労やストレスがあるetc…】
生活習慣の変化をきっかけにいびきが始まることもあります。特に、強い疲労やストレスを感じると多くの酸素を取り込もうとして口呼吸になり、くわえて上気道の筋肉がゆるむことによりいびきをかきやすくなります。


●ホルモン

【男性・閉経後の女性】
女性ホルモンにはいびきを防ぐ働きがあります。女性ホルモンには、上気道開大筋という上気道の開け閉めにかかわる筋肉を活発にする機能があります。閉経後は女性ホルモンが減少するため、それまではかかなかったいびきをかくようになる場合があります。

気になるいびき、体からのシグナル

危ないいびき

あなたのいびき、ただのいびきではなく危険な「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」かも!?

●どんな病気?

眠っている間に呼吸が止まる病気です。寝ている間にいびきをかいたり、呼吸が止まったりといった症状があります。たいていの場合、無呼吸のあとに「ガハー」という大いびきをかくことも特徴です。


●なぜいびきをかくの?

SASの原因には2つあり、9割の患者さんが「ノドや気道がふさがってしまう」ことが原因のタイプです。肥満やノドの構造などの要因によって上気道が狭められ、いびきをかきます。もう1つの原因は、「脳から呼吸の指令が出なくなってしまう」タイプです。こちらはいびきを伴わないこともあります。


●何が危険なの?

この病気のやっかいな所は、夜間に熟睡することができないため日中の活動に支障が出る点です。日中の耐えがたい眠気が判断力や集中力、作業効率の低下を招き、交通事故をはじめ医療事故や産業事故につながることも… 「運転中の眠気」を経験した人の割合が、非SAS患者と比べてSAS患者は4倍、「居眠り運転」の経験はなんと5倍というデータが示されています。

●さまざまな合併症を招く

呼吸停止による脳やからだへのダメージが蓄積し、高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの合併症が引き起こされます。


●いますぐ予防!

太っている人は適正体重を目指しましょう。お酒は筋肉を緩め、SASのリスクを高めます。ほどほどの量を楽しみ、寝酒は控えましょう。鼻症状や口呼吸の自覚がある人は、耳鼻咽喉科に行くなどして改善を目指しましょう。寝る姿勢を仰向けから横向きに変えるだけでも、上気道の閉塞を軽減できることがあります。抱きまくらを使うなど工夫してみましょう。

SAS以外のいびき

●単純いびき症

一時的ないびきならば、特に心配いりません。慢性化している人は要注意です。

●上気道抵抗症候群

単純いびき症とSASの間の状態です。熟睡できないために、日中の強い眠気や集中力、思考力の低下が引き起こされます。

いびきに潜む怖い病気

●鼻やのどの病気

アレルギー性鼻炎、鼻中隔湾曲症、蓄のう症、扁桃の肥大などの疾患が隠れていることがあります。口呼吸をすることで咽頭炎になってしまうことも…

●生活習慣病

SASや上気道抵抗症候群の場合、睡眠が量的にも質的にも足りていないため、生活習慣病を発病・悪化させます。

●命にかかわる深刻な病気

無呼吸状態が繰り返されることによって、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血、糖尿病など突然死にかかわる病気を引き起こすことは珍しくありません。

自分でできる、いびき予防!

工夫次第で、いきびを改善できることがあります。大切なのは、「空気の通り道を確保する」ことです。

●枕と敷きふとんにこだわる

自分に合った寝具選びは重要なポイントです。特に、「高い枕」を使っている方はご注意。枕が高いとアゴを引き気味に寝るため、仰向けに寝た際に気道が圧迫されやすくなっていまいます。良い枕とは、仰向けに寝たときに、首が前に傾いたり圧迫したりしない枕だと言われています。また、寝返りが打ちやすい、頭を乗せた際の感触に違和感がない、頭を乗せた際に沈み込みすぎないなども良いポイントです。 枕も敷きふとんも柔らかすぎると上気道を圧迫するので、ある程度の固さを選びましょう。

●寝る向きを変える

横向きで寝るのがオススメです。寝ている間に仰向けやうつぶせになるのを防ぐには、横向きの状態で背中側にバスタオルなどを置いて壁をつくる、抱き枕を使うといった方法があります。

●減量

肥満のために上気道がせまくなっている人は、減量をするだけでいびきを改善できる可能性があります。

●その他

お酒やたばこ、睡眠薬の量を減らすことも効果があります。点鼻薬、サプリメント、専用のマウスピース、口呼吸防止テープなど、いびき対策グッズも豊富に売られています。気軽に試せるものが多くありますので、自分に合うものを探してみましょう。

自分でできる、いびき予防!

オススメ商品