スピルリナ特集
みなさんは『スピルリナ』と聞いて、どんなものを想像しますか?
なんだかとてもスピリチュアルな名前の響きだと思った方は、きっと多数いらっしゃるのではないでしょうか。

普段はあまり聞きなれないスピルリナですが、実は、NASAやWHOがとても注目している『藻』のことなのです。 なぜ注目されているかというと、それはスピルリナの特徴と効果に秘密があるからです。

スピルリナの特徴と効果について知れば知るほど、きっとあなたもスピルリナに夢中になることでしょう。 もしかすると、近い将来、私たちはスピルリナに救われる時代がくるかもしれません。

スピルリナの特徴とは?

スピルリナとは、ラテン語で「ねじれた」「らせん」を表し、緑青色で全長が0.3~0.5mmの微細藻類です。また、英語の「スパイラル」と同義語で、藻体がコルク抜きの様にねじれているところからスピルリナと呼ばれています。

スピルリナは現在世界で約35種類ほどが知られているようです。地球上で最初の生物は細菌類と藍藻類で、今から35億年よりも以前に現れたと言われ、スピルリナもその仲間です。
スピルリナの特徴とは?

驚きの生命力!!

スピルリナは高温、高アルカリ、高塩分という厳しい環境下でも繁殖できるのが大きな特徴です。生息地は、アフリカや中南米の熱帯から亜熱帯地方に多く生息しています。
また、スピルリナはとても不思議な藻で、一般の植物と同じように炭酸ガスを吸収して光合成を行い成長しますが、そのときにデンプンを作らずに、エネルギー変換に有効なグリコーゲン(動物性の炭水化物)を作ります。そのため、動物と植物の両方の特徴を持ち合わせている大変珍しい生物なのです。

大注目の豊富な栄養素!

スピルリナには、人が生きていくためには欠かせない5大栄養素が含まれています。 その中でも特に注目なのが、スピルリナは良質なたんぱく質が6割を占めていることです。この割合は、なんと大豆の2倍です。
豊富な栄養素と良質なたんぱく質を含んでいることから、様々な効果(詳しくは下部に記載)が期待され、NASAでは宇宙食として、WHOでは飢餓を救う食べ物といわれ、期待されています。

ミドリムシ(ユーグレナ)との違い

ここまで読んで頂いた人の中に、スピルリナはミドリムシ(ユーグレナ)ととても似ていると思った人がいるかもしれません。 ミドリムシもスピルリナと同様、大昔に生まれた微細藻類で、動物性と植物性の両方の性質を持っています。ミドリムシもスピルリナと同様に、豊富な栄養素を持っており、
近年ではダイエットや、アトピー、アレルギー、癌等を抑制させる効果でも注目されています。 それでは、スピルリナとミドリムシの大きな違いは何でしょうか。 それは『食用として』の歴史です。

スピルリナとミドリムシの食用としての歴史

スピルリナは古代から、食用の藻類として親しまれてきた経緯があります。古代の人は、天日干しにして焼いたり、スープなどに混ぜたりして食べていたそうです。
スピルリナが食用として脚光を浴びるようになったのは、1967年にフランス国立石油研究所のクレマン博士が、将来必ずやってくる人口の爆発的増加による食糧危機を救うものとして、スピルリナに含まれる良質で吸収しやすいたんぱく質に注目し、これをメキシコで開かれた微生物会議で紹介されてからのことです。

以来、その高い栄養価(高たんぱく、高ビタミン、高ミネラル)ならびに消化性の良さにおいて、各国でとても注目されています。 それに対しミドリムシが食用として培養され始めたのは、2005年に入ってからのことです。以前から注目はされていましたが、大量培養が難しく、商品化にはいたっていませんでした。

このため、食用としての歴史はスピルリナと比べるとまだまだ浅いのです。 そして味の観点からみても、食用として馴染みのあるスピルリナは、どこか懐かしい海苔のような味なのに対し、ユーグレナの味は独特な匂いや苦味があるといった感想が多いようです。

<栄養満点!!スーパーフード>スピルリナのサプリメント

  • 栄養満点スーパーフード

    35億年以上も前から地球で生き続けてきたといわれる最古の植物(藍藻類)スピルリナのサプリメント。ほとんどの必要な栄養素を摂取できるといわれるくらい、その優れた栄養素は古くから重宝がられてきました。植物と動物両方の性質を持つユーグレナは野菜に多く含まれるビタミンやミネラルなどの成分に加え、魚に多く含まれるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸なども持っており、栄養素はなんと59種類も含まれています。またスピルリナは細胞壁が薄く壊れやすいため、細胞壁を破砕する処理をしなくても95%の消化吸収率を示すことが動物実験で確かめられています。吸収率も高く、栄養満点のスーパーフードをサプリメントで手軽に補えることから生活習慣やエイジングケア、育毛ケアをされている方などからも大変支持されています。1本100カプセル入り。1カプセルに380mgのスピルリナを配合。

  • 米国NASAも認める、未来の食糧スピルリナ!

    ハワイアンスピルリナは、1粒に1000㎎のスピルリナを配合した商品です。 天然のハワイ産スピルリナ100%、品質にもこだわりをもった安全性の高いスピルリナを提供しています。 <スピルリナって何?> スピルリナ(Spirulina platensis)は藻類の一種で、長さ0.3~0.5㎜、幅6~10mcmのらせん状の形状をした濃緑色の単細胞微細藻類です。 古くは、アフリカ中央部のチャド湖に自生するスピルリナを天日乾燥し、「ダイエ」と称して食用にしていたと言われています。 タンパク質(※)、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、アミノ酸バランスにも優れ、近年では健康食品として多く利用されています。 ※スピルリナ粉末の成分含有比は、タンパク質50~70%です。 スピルリナに含有される主要なタンパク質はC-フィコシアニンとアロフィコシアニンです。これらは光合成色素として機能し、窒素貯蔵物質としても役立っています。 <未来の食糧!> 豊富な栄養をつスピルリナは米国NASA(航空宇宙局)の目にもとまり、スピルリナは少量で多くの栄養を提供できるとし、宇宙食への利用を検討した実験が行われています。 NASAの報告によると、スピルリナ1㎏の栄養は野菜1000㎏に相当するそうです。 <スピルリナの期待できる働き> アメリカでは、スムージーの定番素材となっているスピルリナ。また、緑色を強化する目的で天然の着色料としても食品に添加されています。 ・免疫機能のサポート ・脳機能のサポート ・目の健康をサポート ・心疾患系の健康をサポート ・細胞の健康をサポート ・エネルギーレベルを向上

スピルリナの効果

スピルリナの栄養価は非常に高く、なんと50種以上の栄養成分を含んでいます!!
アミノ酸 イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン
ビタミン β-カロテン(プロビタミンA)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、銅、マンガン、亜鉛、コバルト、イオウ、クロム
その他 食物繊維、多糖体、リノール酸、γ-リノレン酸、イノシトール、SOD、フィコシアニン、ゼアキサンチン、クロロフィルa、核酸など
近年では、海外セレブやモデル達から『スーパーフード』として注目を浴びています。

では、スピルリナの効果について、一部を紹介します。

スピルリナの効果

髪の栄養となる育毛効果

スピルリナは、良質で体内に吸収されやすいたんぱく質を多く含んでいます。たんぱく質といえば、髪のもととなる栄養素でもあります。
そのことから、スピルリナには高い育毛効果を期待することができます。
普段、育毛剤やマッサージなどを続けているが、なかなか効果を実感できない方は、もしかしたらたんぱく質が不足しているかもしれません。 スピルリナなら、簡単に質の良いたんぱく質を摂取することができるので、薄毛に悩んでいる方は、スピルリナと併用することでたんぱく質不足を解消することができます。

細胞からの若返り効果

スピルリナには核酸(DNA)が含まれていることから、細胞からの若返り効果があります。
核酸は人の体内で生産されますが、年齢を重ねるごとに、その働きは減少していきます。 年々減少していく核酸ですが、スピルリナから摂取することで新陳代謝が促進され、若返りへとつながります。 細胞を若返らせる効果があることから、加齢による男女の薄毛悩みにも期待できるとされています。

栄養不足を解消

スピルリナは豊富な栄養を含んでいることから、免疫力を高める効果があります。
普段の食事が不規則で栄養不足な方や、好き嫌いの多い子供も、スピルリナを摂取することで簡単に栄養を補うことができます。 このように、おおくの栄養を含んでいることから、飢餓に苦しむ子供達や難民へ配給している事業もあります。また、将来訪れる食糧危機においても、スピルリナは栄養豊富で培養が容易なことから、とても注目されているのです。

このほかにも・・・

  • ダイエット効果
  • アレルギー症状緩和効果
  • 抗炎症作用効果
  • 貧血予防効果
  • 疲労回復
  • 二日酔い防止効果
  • 口臭改善効果
  • 体臭改善効果
  • コレステロール値を下げる効果
以上のように、スピルリナにはたくさんの効果があります。
こんなにたくさんの効果を得られる食材は、果たして他にあるでしょうか。

スピルリナは身近な食材になるかも?

上記で紹介してきたように、スピルリナはとても栄養があり、また海苔のような味で食べやすく、食用としての歴史が長いことから安心して食べることができます。
現在、スピルリナはタブレットやパウダーのサプリメントとして出回っており、日本にいても簡単に摂取することができます。自然食品であるスピルリナなら、今までサプリメントに抵抗があったという方も、安心して摂取することができます。
世界が注目するスーパーフードのスピルリナを、日常生活に取り入れるだけで、現代人の栄養不足の悩みを一気に解消することができます。副作用が少ないことから、子供からお年寄りまで安心です。
また、スピルリナは高い繁殖力を持ち、培養が容易なことから、低価格であるという点にも注目です。 あなたもスピルリナを食材として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

スピルリナは身近な食材になるかも?

<栄養満点!!スーパーフード>スピルリナのサプリメント

  • 栄養満点スーパーフード

    35億年以上も前から地球で生き続けてきたといわれる最古の植物(藍藻類)スピルリナのサプリメント。ほとんどの必要な栄養素を摂取できるといわれるくらい、その優れた栄養素は古くから重宝がられてきました。植物と動物両方の性質を持つユーグレナは野菜に多く含まれるビタミンやミネラルなどの成分に加え、魚に多く含まれるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸なども持っており、栄養素はなんと59種類も含まれています。またスピルリナは細胞壁が薄く壊れやすいため、細胞壁を破砕する処理をしなくても95%の消化吸収率を示すことが動物実験で確かめられています。吸収率も高く、栄養満点のスーパーフードをサプリメントで手軽に補えることから生活習慣やエイジングケア、育毛ケアをされている方などからも大変支持されています。1本100カプセル入り。1カプセルに380mgのスピルリナを配合。

  • 米国NASAも認める、未来の食糧スピルリナ!

    ハワイアンスピルリナは、1粒に1000㎎のスピルリナを配合した商品です。 天然のハワイ産スピルリナ100%、品質にもこだわりをもった安全性の高いスピルリナを提供しています。 <スピルリナって何?> スピルリナ(Spirulina platensis)は藻類の一種で、長さ0.3~0.5㎜、幅6~10mcmのらせん状の形状をした濃緑色の単細胞微細藻類です。 古くは、アフリカ中央部のチャド湖に自生するスピルリナを天日乾燥し、「ダイエ」と称して食用にしていたと言われています。 タンパク質(※)、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、アミノ酸バランスにも優れ、近年では健康食品として多く利用されています。 ※スピルリナ粉末の成分含有比は、タンパク質50~70%です。 スピルリナに含有される主要なタンパク質はC-フィコシアニンとアロフィコシアニンです。これらは光合成色素として機能し、窒素貯蔵物質としても役立っています。 <未来の食糧!> 豊富な栄養をつスピルリナは米国NASA(航空宇宙局)の目にもとまり、スピルリナは少量で多くの栄養を提供できるとし、宇宙食への利用を検討した実験が行われています。 NASAの報告によると、スピルリナ1㎏の栄養は野菜1000㎏に相当するそうです。 <スピルリナの期待できる働き> アメリカでは、スムージーの定番素材となっているスピルリナ。また、緑色を強化する目的で天然の着色料としても食品に添加されています。 ・免疫機能のサポート ・脳機能のサポート ・目の健康をサポート ・心疾患系の健康をサポート ・細胞の健康をサポート ・エネルギーレベルを向上