> 特集一覧 > 女性用育毛剤 特集
女性用育毛剤特集

女性の育毛剤

近年女性の薄毛・抜け毛が深刻化しています。特に、髪の量が減ってくるのを気にする若い女性が増加傾向にあるそうです。女性の場合には特有の原因があり、男性とは薄毛・抜け毛を誘発する原因が大きくことなります。
血行不良や冷え性、ホルモンバランスの乱れなど体質的要素も関係しますが、日常のファッションや後天的要因によっても薄毛を進行させる原因がいくつもあります。
ここで問題となっているのは、頭皮ケアを始める方達のほとんどが抜け毛の進行がすでに始まってからになることです。
抜け毛が気になる前からケアをするのが一番良いですが、抜け毛が始まってからでも手遅れになる前にケアをしなくてはなりません。
また、近年女性用の育毛剤も増えてきていますが、正しい知識を持って効果的なものを選びケアを行うことが大切です。

女性の薄毛の種類と原因


男性では、日本人男性の約30%の方が発症するとされている「男性型脱毛症」(AGA)がよく見られます。

女性にもこれと同様に、主に前頭部や頭頂部が薄くなる壮年性の脱毛症「女性男性型脱毛症」(FAGA)がありますが、他にも女性に多い薄毛・抜け毛の種類があります。

薄毛・抜け毛の原因を知り、適切な対策を行うことが大切です。

女性の薄毛の種類と原因

●びまん性脱毛症

生え際が後退する脱毛症とは違い、髪の毛が全体的に薄く、細くなりボリュームが無くなってしまう状態を言います。
間違ったダイエットやヘアケアも原因となりますし、老化も主な原因となります。
進行して行くと目立ってしまうので、びまん性脱毛症になる前に対策を取る事が大切です。

●分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、別名「産後脱毛症 」とも言い、その名の通り、出産を終えた女性にのみ見られる多量の抜け毛症のことです。
妊娠後期には女性ホルモン増加に伴って抜け毛は減少します。
しかし、出産後のホルモンバランスにより成長期に入っていた毛髪が休止期に入るため、毛髪が抜け落ちたり、髪質が細くなるなどの症状が、出産後間もなく発生し、抜け毛を多く生じさせます。

●牽引性脱毛症

女性は髪が長い方も多く、ゴムなどで髪をしばりまとめることもあると思いますが、そのときに生え際への負担や髪の重みで髪の生え際や分け目などの部分が薄くなってしまうことがあります。
一時的に髪をまとめたり、しばったりする分には発症することはありませんが、長期間、継続的に髪をセンター分けにして三つ編みにしていたり、ポニーテールにしたりと同じ髪のまとめ方や縛り方をしていると特定の部分に過度に負担がかかり、牽引性脱毛症が発症しやすくなります。
また最近ではヘアーエクステンション(エクステ)もこの原因となると言われています。

●円形脱毛症

自分の毛根を敵と勘違いしてしまい、リンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患の一種となります。
原因はストレスともいわれるため、環境の改善が第一です。
また、睡眠不足や過労も円形脱毛症は密接な関係があると考えられています。

●脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌により、毛穴を塞がれてしまうことで毛穴周辺部で皮膚の常在菌が大繁殖して、毛根部近くで炎症を起こしてしまうことで脱毛してしまう症状を指します。
しかし実際、脂漏性脱毛症になることは極めて稀です。

●ひこう性脱毛症

頭皮の垢であるフケが毛穴を塞いでしまうことで、目詰まりした毛穴の中で皮膚の常在菌が繁殖して炎症を起こし、その炎症が原因で脱毛してしまうのがひこう性脱毛症です。毛穴が塞がれてしまい、菌が繁殖して炎症を起こすという過程は脂漏性脱毛症とほぼ同じです。
そのため両者を混同してしまいがちですが、原因が皮脂分泌とフケで異なります。

女性用ロゲイン

パントガール

パントスチン(Pantostin)

フォリクロンローション

女性用育毛剤をお電話でご注文はこちら!TEL:0570-05-1193 平日9:30~19:00

女性用育毛剤を激安で通販!女性用育毛剤を買うなら国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!