> 特集一覧 > 発毛・薄毛 > 事前準備で薄毛リスクが減るかも
事前準備で薄毛リスクが減るかも

髪の毛の薄毛の悩みは、若年層にも増加しております。
薄毛の原因は1つだけではありません。
薄毛予防するためにも、 ご自分の薄毛・抜け毛の原因を知ることが解決への近道になるはずです。
ここでは、様々な薄毛予防対策をご紹介させていただきたいと思います。

シャンプー

薄毛のリスクを回避するための大事なことの1つであるシャンプー。
頭皮を清潔にすることはとても重要で、極端に洗浄力の強いシャンプー剤の使用はオススメできません。
なぜなら、洗浄力の強いシャンプーを使用して、頭皮の皮脂を必要以上に取ると、分泌される皮脂が必要以上に増え、 これを繰り返すと分泌量は更に多くなり、突然、分泌されなくなります。
その結果が薄毛の原因に繋がることもあるのです。

また、 使用後に頭皮に違和感、つっぱり感、乾燥などを感じるシャンプーは避けたほうがいいかと思います。
アミノ酸系で、pH6前後の弱酸性のシャンプーが頭皮に良いといわれております。

また、髪の薄い人の中には乾燥肌の人もいますが、皮脂の分泌の多い人の方が脱毛を起こしやすい傾向にあるようです。
これは、皮脂が多いと毛穴に脂が詰まり、十分な栄養が与えられなくなることが原因です。
自分で脂が多いなと感じる人は、その日の汚れはその日のうちに落とすことが大切です

また、育毛剤は、シャンプーで汚れをとり除いたあと、頭皮につけることで高い効果が期待できるので、 育毛剤はタオルで水木をとり除いてから頭皮につけることをおススメいたします

朝シャンが抜け毛の原因!?



朝シャンが抜け毛の原因!?

朝シャンは、爽快で気分よく外出できますが、
薄毛を進行させている原因かもしれません。

何故でしょうか?

  • 出社前の朝は時間が無いことが多く、しっかりとしたシャンプーやすすぎができない。
    短時間で慌てて洗えば洗い残しや頭皮を傷つけてしまいます。
    朝ゆっくりとした時間が取れればよいですが、働いているとなかなかそうは行きません。
  • 育毛が活発な夜に毛穴が皮質で塞がれている。
    朝起きてからシャンプーをしようなんて思って寝床についていないですか?
    成長ホルモンが大量に分泌される22時~2時が一番髪の毛が成長する時間帯と言われております。。
  • 紫外線から髪の毛を守れない。
    シャンプーで脂分を落とした後、脂分が分泌され庇護膜ができます。朝シャンをしてから会社に行くと庇護膜のないまま外出することになります。そのため、薄毛の人などは直接、頭皮に有害な紫外線が当たり育毛にはよくありません。
  • 頭を洗わないで寝るとリラックスできない
    シャンプーをしないで寝るということは頭皮も毛髪も汚れたままで寝るということになります。
    そのため、頭皮にはストレスが溜まってしまいます。成長ホルモンの分泌を促すためにもリラックスして寝ましょう。
  • 毛穴に刺激が強すぎる
    起きてスグは毛穴が開いている状態。そんな時にシャンプーなどしてしまうと毛穴に刺激がゆき過ぎてしまいます。
    過度の刺激は髪の毛には良くなく、育毛の邪魔になり薄毛を進行させてしまう恐れがあります。

マッサージ

マッサージ

薄毛の原因の一つに、頭皮の血行が悪くなることがあげられます。
頭皮マッサージで血行を促進して、きちんと髪の毛まで栄養を送りましょう。
頭皮マッサージは、髪の毛へ栄養を送るだけではなく、薄毛予防にもなるので日々意識して、生活に組み込むことが大切です。

ただし、マッサージを行う前に一つ気をつけておきたいのは、
これを行うことで劇的に抜け毛を防ぐ事ができるというわけではございません。
他の対策と共に毎日しっかり行うことで複合的に症状を改善させ防ぐことができるようになります。
生活改善など他の要素についてもよく考えておく必要があります。

頭皮マッサージをやるタイミングですが、
洗髪時にやりたくなる気持ちも分かるのですが、濡れている髪はダメージを受けやすく、頭皮も傷つきやすい状態です。
可能であれば、洗髪後に髪を乾かしてから行なって下さい
また、マッサージ時に爪が伸びていないか確認をすることも大切です。
頭皮に軽く指を立て当ててみて、硬い感じがしなくなるまで爪を切っておいて下さい。
また指や爪の汚れが頭皮についてしまわないように、しっかりと手を洗ってから頭皮マッサージは行なって下さい。

睡眠

睡眠

薄毛の原因として睡眠不足があります。
睡眠不足が肌によくないという話はよく耳にすると思いますが、髪にも悪いという事実はあまり認識されていません。
髪は肌と同じように、ケラチンというタンパク質で構成されているため、その性質はとても似通っています。
そのため、肌にいいものは髪にも良く、逆に、肌に悪いものは髪にも悪いということとなります。

人間の身体では、毎日髪や肌、爪などが生成されておりますが、これらの形成に深く関係しているのが成長ホルモンです。
成長ホルモンは絶えず分泌されているものではなく、分泌されるタイミングがございます。

運動後などもその対象となりますが、ほとんどが睡眠中に分泌されます。

そのため、睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減少し、毛髪の形成に必要なタンパク質の合成が十分に行われなくなり、薄毛へと繋がっていきます。

成長ホルモンは睡眠時に主に分泌されますが、さらに分泌量が上昇する時間帯というものが存在します。
それは、午後10時~午前2時の間です。

この4時間の間に上質な睡眠を取ると、成長ホルモンが最大限に分泌されます。

大人には午後10時就寝というのはなかなか難しいことですが、普段睡眠不足で、薄毛が気になりだした人は、これを機会に、タイミングを見定めて睡眠を取るよう心がけてみることをおすすめします。

食事

薄毛予防に良い食事とは?

薄毛予防によい食べ物は,肌にも体にも良いものが多いと言われております。
基本的にかたよった食事は避け,バランス良く摂取するように心がけましょう。
まずは、髪の毛がどんなもので出来ているかを調べてみると,つめと同じようにケラチンというものがあり,それを作るのにアミノ酸が必要になります。
そこで、おすすめな食べ物は、大豆や凍り豆腐、鶏肉などです。牛乳や脱脂粉乳などの乳製品もいいとされています。

髪の毛が薄くなっている人を見ると、原因は色々ありますが、血行の関係が大きくかかわっていると思います。
そこで血行を良くする食べ物をご紹介いたします。
セロリ、トマト、しいたけ、にんじん、ほうれん草など。特にトマトなどは,活性酸素を除去する作用があるのでお勧めです。

それに対して,薄毛予防によい悪い食べ物は、酸性の食品は取りすぎないほうが良いでしょう。 
アルコール、コーラ・アイスクリーム、ピーナッツ、コーヒー、コーンシロップ、ジャム等がです。

また、血行をよくする食事をとっても,ストレスや煙草の吸いすぎは血管を収縮させてしまいますので注意が必要です。
また、アルコールの取りすぎは、マグネシウムやビタミンを体の外に排出してしまうので、飲みすぎには要注意です。

髪の毛を造る時には様々な酵素が働くとされています。
その時、鉄や銅、亜鉛などミネラルがないと働きません。ミネラルを豊富に含むものは海藻です。
たんぱく質(納豆、豆腐やサケ、サバ、サンマ等)との組み合わせがいいといわれています。

この他に補助酵素として各種のビタミンも必要です。それは野菜、果物などです。

食事

ビタミンにはどのような効果があるのでしょうか。食品と説明を加えていきます。

  • ビタミンA
    血流をスムーズにして代謝をよくします。お肉などと組み合わせると良く、髪の毛が元気に育ち、抜けにくくなります。
    (にんじん・レバー・かぼちゃ・ほうれん草・うなぎのきも)
  • ビタミンE
    同じく、血行の流れをよくして栄養を運ぶのに必要なビタミンです。
    (緑黄色野菜、うなぎの蒲焼,いわし,サバ,秋刀魚,玄米、胚芽米、ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽油、植物油)
  • ビタミンP
    意外に知られていないビタミンです。
    柑橘類に多く含まれており、レモン、オレンジなどです。その他、そば粉などにも含まれています。このビタミンも血流をよくすることを手伝っています。
  • ビタミンB群
    頭皮を含む体内の新陳代謝をよくすることによって、髪の毛の成長を促します。肌荒れや,にきびなどにも影響するビタミン類です。 (小松菜,ほうれん草、玄米や小麦胚芽など穀類、豚、レバ-、マグロ、カレイ、いわし、うなぎ、牛乳、卵、干ししいたけ)

次に、ビタミン以外のものの紹介です。

コラーゲンを含むねばり気のあるものです。 それらは髪の艶や張りをよくすることがしられています。
髪が丈夫になることによって抜け毛を防ぎます。
(納豆、オクラ、山芋、長芋、里芋、レンコン、ナメコなど、植物以外では,豚足,すっぽん、ふぐの唇などが最高だと言われています。)

ヨードを合んだ食品は甲状腺の働きをよくして髪の成長を促すと言われています。
(ひじき、昆布、わかめ、などの海藻類です。)
単品でとるよりも、たんぱく質と組み合わせや、肉や魚科埋のつけ合わせにして食べると、育毛効果があがります。

では次は、最近注目されている食べ物を紹介しましょう。

それは亜鉛です。亜鉛は髪の毛の成長に必要なミネラルで、これが不足すると髪の毛は育たなくなり、薄毛の原因にもなります。 (ひじき、わかめ、昆布、かき、いわし、ごまなどの海藻類です。)

そのほかに、髪の毛に必要なミネラルには 、セレン*ビタミンEなどが、血液の流れをよくします。 (わかさぎ、大豆、いわし、)ヨウ素(昆布、わかめなどのあのような色の海草)ケイ素(豆類、穀類)などがあります。

美しい髪を作るのに欠かせないミネラルが鉄分です。 髪に栄養分を運ぶ性質があり不足すると、髪が赤くなったり、パサつくこともあります。

あまりインスタントに頼った生活をしていると、物によっては、摂取できる分量が少なかったり、やわらかいものが多いので、かまないことによって胃腸に負担を与えていることが多いので注意が必要です。。
また、お肉はタンパク質を含んでいますので、元気な髪を作り出すために必要ですが、霜降り牛、豚トロなどは、高脂肪・高カロリーなのであまり食べ過ぎると髪に悪影響をあたえかねますので注意しましょう。

食生活だけでは必要なビタミン、ミネラル等すべて得るのは難しい環境の人もいます。
そういった方は専用のサプリメントを使用するのもいいかもしれません。

  • タンパク質
    毛髪の主成分はケラチンというタンパク質ですので、魚・卵・乳製品・大豆・などを摂ると良いのですが、これらの食品から薄毛予防となるケラチンを効率良く合成させる為に鉄分、亜鉛、ビタミンB6が必要とされます。
  • 亜鉛
    体内の酵素の多くが亜鉛無くしては働きません。ケラチンを合成する酵素も同じで亜鉛がないといくらタンパク質を摂ってもあまり薄毛予防にはなりません。
    レバー・カキ・牛肉赤身・うなぎ・たこ・ほうれん草・納豆等に含まれています。
  • 鉄分
    血行が悪くなると栄養分が血液によって運ばれにくくなり、ケラチンの合成の妨げになります。
    鉄分は血液循環にとって不可欠の栄養素です。 煮干し・ごま・レバー・しじみ・ひじき・海苔・ほうれん草等に多く含まれます。

発毛剤・育毛剤に頼る!

なるべくお金をかけずに発毛・育毛したいですが、やはり限界もあります。
その時は発毛剤・育毛剤に頼った薄毛予防も1つの得策です。
とくに下記、リアップ 120mlはミノキシジル1%なので薄毛予防には最適な育毛剤です。

  • 【第1類】 男性用発毛剤

    リアップ【第1類】 120ml (2カ月分)

    リアップ【第1類】 120ml (2カ月分)の体験・口コミ評価は3.5点3.8点 (89)

    リアップ【第1類】 120ml (2カ月分)

    \7,480~

    「リアップ 120ml」は、ミノキシジルを配合した壮年性脱毛症に有効な医薬品です。髪が再び復活する願いを込めて「リアップ」と名付けています。脱毛の進行を予防することを目的に、まずは6ヵ月間継続使用してください。

  • ミノキシジル配合のジェット式育毛剤【第1類】

    リアップジェット【第1類】 100mL

    リアップジェット【第1類】 100mLの体験・口コミ評価は4点4.2点 (113)

    リアップジェット【第1類】 100mL

    \3,990~

    有効成分ミノキシジルが毛包に直接作用して、発毛、育毛効果を発揮する男性用発毛剤です。頭皮に直接押し当てて15噴射することにより1回使用量を手軽に塗布できる定量噴射容器を採用しています。心地よい使用感のジェット式エアゾールです。

発毛・薄毛対策商品を激安で通販!発毛・薄毛対策商品を買うなら国内商品・海外のED薬・ジェネリック医薬品・育毛剤の個人輸入代行のアイドラッグストアーで決まり!