レンズデータの見方
> レンズデータの見方

レンズデータ

BC(ベースカーブ) レンズのカーブの大きさを表します。(例:8.7)
BCの数値が大きければ大きいほどカーブがゆるくなります。
眼球のカーブに対してベースカーブが小さい場合、眼球が圧迫され締め付けを感じることがあります。逆にベースカーブが大きい場合、目を動かしたときにレンズがずれるように感じることがあります。
DIA(レンズ直径) ダイアメーターつまりコンタクトレンズの直径を表します。(例:13.6)
13.6や15.0などmm単位の数値で表され、レンズごとに固有の数値となっている場合がほとんどで、ネットで注文の際には省略される場合があります。
PW(度数) レンズの度数を表します。(例:-3.00)
メーカーによってはPOWER、PWR、Pという表記もございます。
マイナス(-)の値が大きくなるほど、近視矯正が強くなります。
プラス(+)のついた度数は、遠視用となります。
PW:0.00は、度数が入っていないレンズです。

乱視用レンズ

CY(円柱) レンズの乱視度数を表します。(例:-1.00)
乱視の度数は円柱度数ともいわれ、C値(シリンダー)で表されます。
数字が大きくなるほど、乱視が強いということになります。
乱視用のレンズを選ぶ際に必要となります。
AX(軸) 乱視の方向軸を表します。(例:180)
乱視の方向はA(アクシス)で表されます。
レンズの軸が水平方向の場合A=0度、鉛直方向の場合A=90度と決められています。
乱視用のレンズを選ぶ際に必要となります。

遠近両用レンズ

ADD(加入度数) 遠くを見るための度数と近くを見るための度数の差のことで、
数字が大きいほど度数がつよくなり、より近くが見やすくなります。